驚き!アロエベラで、悩み解消

( 一般サイト )

トップ ページ 知りたい、アロエベラの育て方
アロエベラって、なに? アロエベラで、感動体験
なぜ、アロエベラが注目される もっと知りたい、アロエベラ
アロエベラを育てるメリット サイトマップ
アロエベラの利用方法 プロフィール
アロエベラに秘められたパワー リンク集(相互リンク募集中)
アロエベラ利用上の注意 プライバシーポリシー

               「無農薬のアロエ」は、こちらへ
               無農薬、有機農法で育てたアロエのお届け
( 実用サイトへ )

からだの悩み・・・皮膚系
からだの悩み・・・
      消化器・泌尿器系
からだの悩み・・・呼吸器系
からだの悩み・・・循環器系
からだの悩み・・・
      神経・間接系
アロエベラで、丈夫なからだ
アロエベラで、老化予防
アロエベラで、健康素肌

            ようこそ
    「驚き!アロエベラで、悩み解消」サイトへ

   ご存じですか・・・アロエベラ
   アロエベラに出会えて、よかったですね・・・。

   ご家族の一員のように、アロエベラを大切に育ててみませんか?
   きっと、素晴らしい感動感激の一瞬がプレゼントされます。

   もう、病気になんか、苦しみ、悩まされないでください。
   アロエベラには、私たちの体によい、驚きのパワーがたくさん秘められ
   ています。

   一歩でもいいから、前に踏みだしましょう。
   今日は、どしゃぶりの雨でも、明日はきっと青空が広がります。

   アロエベラで元気いっぱい、笑顔いっぱい
   ご家族みんなで、健康になりましょう。
( 一般サイト )
      ● アロエベラは、丈夫な植物       ● アロエベラの歴史 
アロエベラは、アロエという植物の仲間です。  アロエは、熱帯、亜熱帯地方の乾燥地帯に自生する常緑の多年草です。 アロエは、その姿・・・続きをみる アロエは、英語でaloeと書かれます。 その言葉の語源は、アラビア語、あるいはヘブライ語で、にがみという意味になります。 ちなみに、アロエベラの・・・続きをみる
      ● アロエベラは、野菜の仲間       ● アロエベラに、秘められた魅力
アロエベラは、ユリ科の植物で、ニンニク、ねぎ、アスパラなどと同じ野菜の仲間です。 最近は、スーパーマーケットなどの野菜コーナー・・・続きをみる
アロエベラは、病気やケガ、美容などに、優れた効果が発揮されます。 でも、もっとすごいことは・・・。 アロエベラを常用すると、自分でも気づかな・・・続きをみる
「無農薬のアロエ」は、こちらへ
無農薬、有機農法で育てたアロエのお届け
      ● 自然の薬草、アロエベラ       ● 老化予防の主役、アロエベラ
昔から、お医者さんいらずと言われ、注目のアロエベラ。 アロエベラが注目を浴びる最大の理由は、葉肉に含まれる成分とその効能に・・・続きをみる 人間のからだは、生理機能が25歳から30歳をピークに、低下するといわれています。 生理機能の低下とは、老化そのものを意味します。 老化は、・・・ 続きをみる
      ● お医者さんいらず、アロエベラ       ● 自然の化粧品、アロエベラ  
私たちのからだは、60兆個の細胞でつくられています。 健康を守る上で、これら60兆個の細胞一つひとつが、正常に機能している・・・続きをみる アロエベラは、自然の化粧品としての魅力がいっぱいです。 なぜなら、アロエベラには、肌の毛穴を小さくし、汗や皮脂の分泌を抑え、肌をひきしめる ・・・ 続きをみる
  ● アロエベラで、病気やケガにすぐに対応 アロエベラで元気いっぱい、笑顔いっぱい 


アロエベラで
元気いっぱい
笑顔いっぱい
病気やケガは、ある日、ある時、突然やってきます。 でも、病気やケガに遭っても、すぐにお医者さんの治療を受けることができません・・・続きをみる
     ● アロエベラで、丈夫なからだ      ● アロエベラは、家庭の常備薬
近年、私たちの国は、本格的な高齢化社会を迎え、健康ブームが続いています。 特に、最近は、メタボリックシンドロームという言葉・・・続きをみる 薬には、必ずといってよいほど、副作用が伴います。 よく効く薬ほど、強い副作用が伴う、といわれています。 副作用とは、狭い意味で病気を治す薬の・・・続きをみる
     ● アロエベラで、薬に頼らない       ● アロエベラで、大切な家族の健康サポート
突然、体調を崩したりすると、どんな病気なのか、病名がわかるまで不安ですね。 そこで、すぐに医療機関へ駆け込みます。 医療機・・・続きをみる アロエベラを家庭で育てるメリットは・・・? アロエベラが家庭にあれば、いつでも大切なご家族の健康を守ることができることです。家族の健康トラブ・・・続きをみる
     ● アロエベラで、家計の節約      ● アロエベラは、新鮮さが一番 
今、わが国経済は、投機的な原油価格の値上がりからガソリンや食料品、日用品など生活用品が次々と値上がりしています。 一方で、・・・続きを見る アロエベラは、新鮮さが命です。 いつでも必要なときに、生の葉っぱを採り、新鮮なアロエベラ成分をそのまま摂取します。 アロエベラの葉肉に含まれ・・・続きをみる
     ● アロエベラで、時間の節約      ● 初めての人でも簡単、アロエベラ栽培
アロエベラには、いろいろな価値を生み出す魅力があります。 その一つが時間の節約です。 医療機関や人気のお医者さんに通院しよ・・・続きをみる アロエベラ、育てる自信がありますか? アロエベラは、熱帯地方の砂漠地帯がルーツの植物です。 このため、アロエベラは、日本の冬の寒さにとても ・・・続きをみる
「無農薬のアロエ」は、こちらへ
無農薬、有機農法で育てたアロエのお届け
   ● 生葉をそのまま食べる 暖かい春の訪れ、元気に育つアロエベラ

暖かい春の訪れ、元気に育つアロエベラ
アロエベラの利用で、もっとも手軽で簡単な方法は、食べることです。 透明なゼリー部分だけを、外皮からカットし、そのまま食べま・・・続きを見る   
   ● おろし汁にして飲む    ● アロエベラの生葉を貼る
アロエベラの葉が食べにくい人には、外皮ごと葉をすりおろして飲む方法があります。 この方法でも、アロエベラを生葉で食べるのと・・・続きをみる アロエベラのヌルヌルのムコ多糖体成分には、炎症を抑える消炎作用、そして痛みを鎮(しず)める鎮痛作用があります。 生の葉っぱをカットして、 ・・・続きをみる
   ● アロエベラを煎じて飲む    ● アロエベラの葉液をぬり込む
アロエベラの利用方法のひとつは、アロエベラの葉っぱを煎(せん)じて飲む方法です。 煎(せん)じるとは、薬草などを鍋などに ・・・続きをみる アロエベラのムコ多糖体は、直接、肌にぬり込むと、有効成分が肌に吸収され、効果的です。 アロエベラのゼリー状のムコ多糖体には、殺菌作用や消炎 ・・・続きを見る
   ● アロエベラ酒にして、飲む    ● アロエベラを湿布にして貼る
お酒の好きな人には、アロエベラをホワイトリカーまたは焼酎に漬けて飲む方法があります。 アロエベラ酒にすると、アルコールと ・・・続きをみる 湿布とは、一般的に液体の薬品を布に塗布した医薬品のことをいいます。 アロエベラの場合、自然の薬といわれるように、葉肉にたくさんの有効成分が ・・・続きをみる
   ● アロエベラを粉末にして飲む    ● アロエベラで、うがいをする
市販されているアロエベラの粉末は、凍結乾燥機で製造されたものです。 アロエベラの場合、生葉を乾燥させてすりつぶし、粉末に ・・・続きをみる のどは、手と同じように、外の空気に直接さらされるからだの一部です。 また、のどは、細菌やウイルスなどをからだの中に侵入させない働きをして  ・・・続きをみる
   ● 生葉をそのまま利用する    ● 入浴剤としてお風呂に入れる
アロエベラのムコ多糖体の成分の中には、炎症を抑え、痛みを鎮(しず)める作用があります。 また、抗菌作用や殺菌作用、  ・・・ 続きをみる アロエベラの利用法として、生葉をそのままお風呂に入れると、からだが温まり、癒(いや)されます。 特に、秋から冬にかけて空気が乾燥すると、  ・・・続きをみる
「無農薬のアロエ」は、こちらへ
無農薬、有機農法で育てたアロエのお届け
   ● アロエベラの血行促進への作用とは 初秋を迎え、新しい生命の誕生

 初秋を迎え、
 新しい生命の
 誕生
私たちのからだは、約60兆個の細胞でつくられています。 その一つひとつの細胞は、血液が運ぶ酸素と栄養素がエネルギー源になり・・・続きをみる
   ● アロエベラの免疫力向上への作用とは    ● アロエベラで、健康素肌
免疫(めんえき)とは、人や動物などが持つ、からだの中に入り込む「自分とは異なる異物」を排除する働きです。 私たちのからだ ・・・続きをみる 素肌の健康、または美容というと、私たちは、とかく皮膚の表面のことだけを考えがちです。 でも、皮膚は、小腸など内臓器官とも密接な関係にあります・・・続きをみる
   ● アロエベラで、元気な腸に    ● アロエベラのアレルギー抑制作用とは
私たちの口に入った食べ物は、食道を通過し、胃袋に入ります。 胃袋では、そこで分泌される胃液と食べ物が混ぜ合わされ、吸収しや・・・続きをみる アレルギーとは、私たちのからだの免疫機能が体外から侵入する物質に、過敏に反応を示すことです。 からだの免疫機能が正常であれば、外部から侵入し・・・続きをみる
   ● アロエベラの血糖値降下作用とは    ● アロエベラの老化予防作用とは
糖尿病は、膵臓(すいぞう)から分泌されるインスリンが不足し、またはインスリンの働きが悪いために、血液中のブドウ糖の濃度が ・・・続きをみる 年齢を重ねると、誰もが気になるのが、からだの老化現象です。 なかでも、肌には老化現象がハッキリと現れます。 若かりし頃は、みずみずしく、きめ・・・続きをみる
   ● アロエベラの抗菌作用とは    ● アロエベラの慢性関節リウマチへの作用とは
私たちのからだは、いつもさまざまな病原菌やウイルスの侵入、感染の危機にさらされています。 外出先から帰ったら、うがいや手の・・・続きをみる 慢性関節リウマチとは、からだを形成する結合組織に病変が起き、発症するものです。 この病気は、難病といわれる膠原病(こうげんびょう)のひとつ ・・・続きをみる
   ● アロエベラの抗炎症作用とは    ● アロエベラの気管支ぜんそくへの作用とは
炎症とは、からだの一部に熱をもち、痛みを感じる症状をいいます。 その原因は、からだの皮膚細胞などに炎症が起きると、その患部・・・続きをみる 気管支ぜんそくは、発作的に気管支が収縮し、狭くなり、けいれんを起こす病気です。 このため、呼吸をするのが困難になり、ヒューヒュー、ゼーゼーと・・・続きをみる
   ● アロエベラの抗潰瘍作用とは    ● アロエベラの皮膚障害への作用とは
潰瘍(かいよう)は、皮膚の表面や体内の粘膜が何かの原因でただれ、その部分がはがれたり、溶けたりする状態をいいます。    ・・・続きをみる 皮膚は、外界からの危険をキャッチしたり、病原菌の侵入を防いだり、体温調節をしたり、いろいろな役割を担っています。 でも、とても敏感な部位で ・・・続きをみる
   ● アロエベラの肝機能向上作用とは    ● アロエベラの抗がん作用とは
肝臓は、私たちのからだの中で最も大きな臓器です。 肝臓の重さは、成人男性で約1.2キログラム、成人女性でも約1キログラム  ・・・続きをみる がんは、我が国では、死亡順位の第1位です。 がんとの闘いは、現代医療の最重要課題になっています。 がんの治療法も、日進月歩の勢いでどんどん ・・・続きをみる
「無農薬のアロエ」は、こちらへ
無農薬、有機農法で育てたアロエのお届け
   ● アロエベラ苗の入手、用土づくり    ● アロエベラの葉っぱの採り方
アロエベラの苗は、ご近所の園芸店やインターネットの通信販売で、買い求めることができます。 また、アロエベラを栽培している  ・・・続きをみる アロエベラは、順調に成長すると、子株の誕生から3年目に葉が採取できます。 アロエベラは、成長すると、1年間に10枚くらいの葉を採取できるので・・・続きをみる
   ● アロエベラの植え方    ● アロエベラ株のふやし方
アロエベラ苗は、秋に誕生した子苗か、茎の途中でカットされた挿し木苗です。 アロエベラ鉢の大きさは、まだ1年目の子苗には、直径・・・続きをみる アロエベラには、黄色い花が咲きますが、日本の気候では種子をつけないので、種子でふやすことはできません。 また、葉をカットし、挿しても発根 ・・・続きをみる 
   ● アロエベラの育て方(春夏秋冬)    ● アロエベラの花の咲かせ方
4月に入ると、アロエベラにとって厳しい寒さもやわらぎます。 気温は、地域によって異なりますが、最低気温が摂氏5度を下回らない・・・続きをみる アロエベラは、株が順調に成長すると、3、4年目にアロエベラ株の芯の部分から花芽が伸びてきます。 アロエベラの花の色は、黄色です。 アロエベラ・・・続きをみる
   ● アロエベラの水やり    ● アロエベラの病害虫予防
植物への水やりは、簡単ではありません。 誰でも、植物に水をやりすぎ、腐らせ、または水不足で枯らした苦い体験があると思います。・・・続きをみる アロエベラは、乾燥に強く、とても丈夫な植物です。 病気や害虫予防のために、薬剤を散布するようなことがまったくありません。 アロエベラは、生で・・・続きをみる
   ● アロエベラの肥料    ● アロエベラの特徴、性質
アロエベラに、肥料はいらない、といわれます。 本当に、必要ないのでしょうか。 でも、植物を元気に育てるには、肥料が大切です。・・・続きをみる  私たち人間は、鼻や口から酸素を肺に吸い込み、呼吸をしています。また、皮膚からも呼吸をしています。 アロエベラも同じです。 アロエベラなど植物・・・続きをみる
   ● アロエベラの植えかえ、鉢の置場所    ● アロエベラの育て方 Q&A
春は、アロエベラの植えかえに、もっともふさわしい季節です。 アロエベラがすくすく成長し、鉢のサイズが小さくなると、根を伸ばせ・・・続きをみる Q1 アロエベラは、何年くらい育てれば、葉を利用することができますか? A1 アロエベラを子株から育てる場合、順調に育てれば、3年目には、・・・続きをみる
「無農薬のアロエ」は、こちらへ
無農薬、有機農法で育てたアロエのお届け
管理人お気に入りサイト
グーグル
ヤフー
高血圧の悩み 解決!
大腸がんの症状と基礎知識
管理人お気に入りサイト
アロエ栽培日記
便秘、アロエでスッキリさわやか
痔の悩み、解決!
「無農薬のアロエ」は、こちらへ
無農薬、有機農法で育てたアロエのお届け
( 実用サイトへ )

当サイトは、個人的な体験、信頼できる情報を元に作成しています。最終的な判断は、ご自分の責任でお願いします。
また、当サイトを閲覧したことによる損害、損失の責任は一切負うことはできませんので、ご了承願います。
Copyright(C)驚き!アロエベラで悩み解消All rights reserved