驚き!アロエベラで、悩み解消

   トップ ページ > アロエベラって、なに? > アロエベラは、野菜の仲間
アロエベラは、野菜の仲間
アロエベラ、一般サイト
■ トップ ページ 
■ アロエベラって、なに?
アロエベラは、丈夫な植物
アロエベラは、野菜の仲間
アロエベラの歴史
アロエベラに秘められた魅力
■ なぜ、アロエベラが注目される
自然の薬草、アロエベラ
お医者さんいらず、アロエベラ
老化予防の主役、アロエベラ
自然の化粧品、アロエベラ
■ アロエベラを育てるメリット
アロエベラで、病気やケガにすぐに対応
アロエベラで、丈夫なからだ
アロエベラで、薬に頼らない
アロエベラで、家計の節約
アロエベラで、時間の節約
アロエベラは、家庭の常備薬
アロエベラで、大切な家族の健康サポート
アロエベラは、新鮮さが一番
初めての人でも簡単、アロエベラ栽培
■ アロエベラの利用方法
生葉をそのまま食べる
おろし汁にして飲む
アロエベラを煎じて飲む
アロエベラ酒にして飲む
アロエベラを粉末にして飲む
生葉をそのまま利用する
アロエベラの生葉を貼る
アロエベラの葉液をぬり込む
アロエベラを湿布にして貼る
アロエベラで、うがいする
入浴剤としてお風呂に入れる
■ アロエベラに秘められたパワー
アロエベラの血行促進作用とは
アロエベラの免疫力向上作用とは
アロエベラで、元気な腸に
アロエベラの血糖値降下作用とは
アロエベラの抗菌作用とは
アロエベラの抗炎症作用とは
アロエベラの抗潰瘍作用とは
アロエベラの肝機能向上作用とは
アロエベラで、健康素肌
アロエベラのアレルギー抑制作用とは
アロエベラの老化予防作用とは
アロエベラの慢性関節リウマチへの作用とは
アロエベラの気管支ぜんそくへの作用とは
アロエベラの皮膚障害への作用とは
アロエベラの抗がん作用とは
■ アロエベラ利用上の注意
■ 知りたい、アロエベラの育て方
アロエベラ苗の入手、用土づくり
アロエベラの植え方
アロエベラの育て方(春夏秋冬)
アロエベラの水やり
アロエベラの肥料
アロエベラの植えかえ、鉢の置場所
アロエベラの葉っぱの採り方
アロエベラ株のふやし方
アロエベラの花の咲かせ方
アロエベラの病害虫予防
アロエベラの特徴・性質
アロエベラの育て方Q&A
■ アロエベラで、感動体験
■ もっと知りたい、アロエベラ
■ サイトマップ
■ プロフィール
■ リンク集(相互リンク募集中)
健康
病気・症状・病院(1)
病気・症状・病院(2)
美容・ダイエット(1)
美容・ダイエット(2)
美容・ダイエット(3)
美容・ダイエット(4)
栄養・健康食品(1)
栄養・健康食品(2)
老化予防・健康長寿
SEO・検索エンジン
ライフスタイル
ショッピング
メデイア・ニュース
ビジネス・経済(1)
ビジネス・経済(2)
コンピュータ・インターネット
エンターテイメント
スポーツ
教育・文化・芸術
趣味・暮らし
地域情報
■ プライバシーポリシー
実用サイトへ

管理人お気に入りサイト
グーグル
ヤフー
高血圧の悩み 解決!
大腸がんの症状と基礎知識
便秘/便秘解消/便秘予防
アロエ栽培日記
痔の悩み、解決!





■ アロエベラは、野菜・・・


アロエベラは、ユリ科の植物です。

ニンニク、ねぎ、アスパラなどと同じ、野菜の仲間です。



最近は、スーパーマーケットなどの野菜コーナーで、アロエベラの葉が販売されるのを見かけます。

日本でも、アロエベラの葉が野菜として出荷され、身近な食材として売られるようになったようです。


アロエベラは、野菜
野菜の仲間、アロエベラ



■ アロエベラの外皮は・・・


でも、アロエベラの濃い緑色の外皮には、苦味成分、アロインが含まれています。

アロインには、緩下(かんげ)作用などがあります。



緩下(かんげ)作用とは、お腹の腸を刺激し、穏やかに排便を促す作用のことです。

このため、アロインが含まれ、苦味のある外皮は、切り取られ、ゼリー状の中身がヘルシーな食材として料理などに利用されます。




■ アロエベラには、微量栄養素がいっぱい・・・


アロエベラが注目される理由は、葉肉に含まれる透明なゼリー状の成分に、たくさんの微量栄養素が含まれ、非常にすぐれた健康効果を持つからです。



アロエベラに含まれる成分(78種類)は、次のとおりです。


多糖類、その他 グルコース
キシロース
ガラクトース
セルローズ
生理活性物質
植物ホルモン
サポニン
アロイン
アロエエモジン
アロエウルシン
アロミチン
アロエマンナン
アロクチン
アルボランAB
アロエチン
アロエニン
アロエシン
アロエソンエモジン
ホモナタロエン
ベータババロエン
オーグリコシド
ウロン酸
ムコ多糖体液合体
ルミセン
リモネン
コニフェリルアルコール
グルコサミン
ヘキスロン酸
クリサミン酸
クリソファン酸



アミノ酸 リジン
メチオニン
アエニルアラニン
ロイシン
バリン
イソロイシン
スレオニン
トリプトファン
アスパラギン酸
グルタミン酸
アラニン
プロニン
ヒスチジン
セリン
グリシン
アルギニン
チロシン
シスチン
酵素類 アリナーゼ
アミラーゼ
カタラーゼ
リバーゼ
オクトシドーゼ
アルドナターゼ
グリコシドブドウ糖
ラモノーゼ



ビタミン ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB3
ビタミンB6
ビタミンB12
ビタミンA
ビタミンC
ビタミンE
葉酸
ビタミンM



ミネラル マンガン
クロム
亜鉛
マグネシウム
カルシウム
リン(燐)
ゲルマニウム
カリウム
ナトリウム
塩素

           
「アロエベラ」徹底健康術 久郷晴彦著・株式会社コスモトリーワン発行より




                         ▲ このページトップへ

 アロエベラは、料理、ジュースの原料に・・・


アロエベラのゼリー部分は、肉厚で、苦味がほとんどないので、健康料理の食材にとても向いています。

また、アロエベラは、みそやしょうゆとよくマッチするので、どちらかというと和風料理、中華料理向きです。



アロエベラは、新鮮なゼリー部分をそのまま料理して食べれば、からだに必要な微量栄養素が豊富に含まれているので、健康面ですばらしい効果を発揮してくれます。



一方、アロエベラの葉は、主にジュースの原料として加工され、健康飲料として販売されます。

でも、ジュースでは、アロエベラに秘められた、たくさんのパワーが、そのまま100%取り入れられるか、疑問になります。



なぜなら、ジュースなど加工品の場合、加工段階で、飲みやすくするために、成分調整や添加剤など、人の手が人工的に入るからです。






■ 
生で、新鮮なアロエベラが一番・・・


そうした点で、アロエベラは自分で育て、葉を採取し、そのまま新鮮な食材として自分で料理できれば、最も理想的です。

アロエベラは、ヨーグルトなどに入れられ、広く一般に市販されていますが、ご自分でも簡単にアロエヨーグルトを作ることもできます。



また、アロエベラのお刺身や、アロエベラ野菜のあえ物など、アロエベラを使ったオリジナルでおいしい健康メニューを楽しむことができます。




                                ▲ このページトップへ

当サイトは、個人的な体験、信頼できる情報を元に作成しています。最終的な判断は、ご自分の責任でお願いします。
また、当サイトを閲覧したことによる損害、損失の責任は一切負うことはできませんので、ご了承願います。
Copyright(C)驚き!アロエベラで悩み解消All rights reserved