驚き!アロエベラで、悩み解消

   トップ ページ > アロエベラって、なに? > アロエベラの歴史
アロエベラの歴史
アロエベラ、一般サイト
■ トップ ページ 
■ アロエベラって、なに?
アロエベラは、丈夫な植物
アロエベラは、野菜の仲間
アロエベラの歴史
アロエベラに秘められた魅力
■ なぜ、アロエベラが注目される
自然の薬草、アロエベラ
お医者さんいらず、アロエベラ
老化予防の主役、アロエベラ
自然の化粧品、アロエベラ
■ アロエベラを育てるメリット
アロエベラで、病気やケガにすぐに対応
アロエベラで、丈夫なからだ
アロエベラで、薬に頼らない
アロエベラで、家計の節約
アロエベラで、時間の節約
アロエベラは、家庭の常備薬
アロエベラで、大切な家族の健康サポート
アロエベラは、新鮮さが一番
初めての人でも簡単、アロエベラ栽培
■ アロエベラの利用方法
生葉をそのまま食べる
おろし汁にして飲む
アロエベラを煎じて飲む
アロエベラ酒にして飲む
アロエベラを粉末にして飲む
生葉をそのまま利用する
アロエベラの生葉を貼る
アロエベラの葉液をぬり込む
アロエベラを湿布にして貼る
アロエベラで、うがいする
入浴剤としてお風呂に入れる
■ アロエベラに秘められたパワー
アロエベラの血行促進作用とは
アロエベラの免疫力向上作用とは
アロエベラで、元気な腸に
アロエベラの血糖値降下作用とは
アロエベラの抗菌作用とは
アロエベラの抗炎症作用とは
アロエベラの抗潰瘍作用とは
アロエベラの肝機能向上作用とは
アロエベラで、健康素肌
アロエベラのアレルギー抑制作用とは
アロエベラの老化予防作用とは
アロエベラの慢性関節リウマチへの作用とは
アロエベラの気管支ぜんそくへの作用とは
アロエベラの皮膚障害への作用とは
アロエベラの抗がん作用とは
■ アロエベラ利用上の注意
■ 知りたい、アロエベラの育て方
アロエベラ苗の入手、用土づくり
アロエベラの植え方
アロエベラの育て方(春夏秋冬)
アロエベラの水やり
アロエベラの肥料
アロエベラの植えかえ、鉢の置場所
アロエベラの葉っぱの採り方
アロエベラ株のふやし方
アロエベラの花の咲かせ方
アロエベラの病害虫予防
アロエベラの特徴・性質
アロエベラの育て方Q&A
■ アロエベラで、感動体験
■ もっと知りたい、アロエベラ
■ サイトマップ
■ プロフィール
■ リンク集(相互リンク募集中)
健康
病気・症状・病院(1)
病気・症状・病院(2)
美容・ダイエット(1)
美容・ダイエット(2)
美容・ダイエット(3)
美容・ダイエット(4)
栄養・健康食品(1)
栄養・健康食品(2)
老化予防・健康長寿
SEO・検索エンジン
ライフスタイル
ショッピング
メデイア・ニュース
ビジネス・経済(1)
ビジネス・経済(2)
コンピュータ・インターネット
エンターテイメント
スポーツ
教育・文化・芸術
趣味・暮らし
地域情報
■ プライバシーポリシー
実用サイトへ

管理人お気に入りサイト
グーグル
ヤフー
高血圧の悩み 解決!
大腸がんの症状と基礎知識
便秘/便秘解消/便秘予防
アロエ栽培日記
痔の悩み、解決!




■ 
アロエとは・・・



アロエとは、英語でaloeと書かれます。

言葉の語源は、アラビア語、あるいはヘブライ語で、にがみという意味になります。



ちなみに、アロエベラの学名は、「アロエ・バルバデンシス・ミラー」です。

ミラーという植物学者が、西インド諸島のバルバドス島に自生するアロエを見つけ、名づけて、学会で認められ、正式な名称になったそうです。






■ ベラとは・・・


でも、約200年前に、リンネという植物学者が「アロエ・ベラ・リンネ」と名づけ、これが通称となり、アロエベラが一般的に広く使われるようになったそうです。



アロエベラベラとは、ラテン語で真実という意味の言葉です。



ベラこそ真実アロエ、という意味になります。
アロエベラのベラとは、ラテン語で真実という意味。
アロエは、ラテン語で苦味の意味





■ アロエベラの歴史は・・・


アロエの原産地は、アフリカ大陸の南部、東南部、マダガスカル島あたりと、いわれていますが、正式には不明です。

でも、アラビア半島、地中海沿岸、カナリア諸島、西インド諸島など、熱帯、亜熱帯地方にアロエの仲間が広く分布しています。



アロエは、もともと熱帯亜熱帯に自生する植物ですが、薬用として、あるいは観賞用として世界各地に広まったものと考えられます。

アロエの歴史をひも解くと、最も古い記事は、古代エジプトの「エーベルス・パピルス」という医学書に書かれているそうです。

この医学書は、紀元前1,550年に書かれたと、いわれています。




 紀元前から、愛用されてきたアロエベラ・・・


今から、3,600年も昔に、すでにアロエが医療に利用されていたことがわかります。

この医学書によると、古代世界最大の帝国・マケドニア帝国を作ったあのアレクサンドロス大王も、アリストテレスの勧めで、アロエを栽培させ、兵士たちの傷の手当に使い、また東征によってアジアにも伝えられたそうです。



また、歴史上の美人として有名な、あのエジプトの女王クレオパトラも、アロエの化粧水を愛用していたと伝えられています。

同じ頃の紀元前4世紀、ギリシャのヒポクラテスの医学書の中にも、アロエが主に緩下剤として用いられた記録があるそうです。




■ 中国への伝来・・・


紀元前1世紀、エジプトを滅ぼしたローマ帝国時代になると、ローマ皇帝ネロの侍医だったギリシャ人、デイオコリスデスが集大成した「ギリシャ本草」という総合薬物書の中に、アロエの効用が詳しく述べられているそうです。

アロエが中国に伝わったのは、8世紀の唐の時代です。



中国では、アロエを藘薈(ろえ)といい、日本ではろかいと訳されます。

藘(ろ)とは、黒という意味があり、薈(え)は集まるという意味があるそうです。



アロエの葉の切り口からしみでる液は、空気に触れると酸化し、黒色になるので、その固まりから藘薈(ろえ)と呼んだと思われるそうです。






■ 日本への伝来・・・


日本にアロエが伝わったのは、中国を経て、鎌倉時代(1192年~1333年)というのが通説になっていますが、その詳細は不明のようです。

でも、日本の木立アロエは、もっと昔からあったようです。



伊豆の先端にある石室(いろう)権現には、「慶雲3年(706年)疫病が蔓延したとき、行者小角(おずぬ)アロエにて村人を救う」と書かれた額が掲げられているそうですが、いつ頃、日本に 木立アロエが入ったのかわかりません。






■ 高まるアロエベラへの期待・・・


近年、日本では、木立アロエのほかに、アロエベラが沖縄を中心に盛んに栽培されるようになりました。

今や、わが国日本は、本格的な高齢化社会を迎え、国民医療費を伸びをいかに抑制するかが、国家的な難題となっています。



こうした中で、今後、アロエベラへの研究が進み、代替医療としてのアロエベラの役割が見直され、国民医療費の抑制などに大きく貢献していくことが期待されます。



                                ▲ このページトップへ

当サイトは、個人的な体験、信頼できる情報を元に作成しています。最終的な判断は、ご自分の責任でお願いします。
また、当サイトを閲覧したことによる損害、損失の責任は一切負うことはできませんので、ご了承願います。
Copyright(C)驚き!アロエベラで悩み解消All rights reserved