驚き!アロエベラで、悩み解消

   トップ ページ > アロエベラって、なに? > アロエベラに秘められた魅力
アロエベラに秘められた魅力
アロエベラ、一般サイト
■ トップ ページ 
■ アロエベラって、なに?
アロエベラは、丈夫な植物
アロエベラは、野菜の仲間
アロエベラの歴史
アロエベラに秘められた魅力
■ なぜ、アロエベラが注目される
自然の薬草、アロエベラ
お医者さんいらず、アロエベラ
老化予防の主役、アロエベラ
自然の化粧品、アロエベラ
■ アロエベラを育てるメリット
アロエベラで、病気やケガにすぐに対応
アロエベラで、丈夫なからだ
アロエベラで、薬に頼らない
アロエベラで、家計の節約
アロエベラで、時間の節約
アロエベラは、家庭の常備薬
アロエベラで、大切な家族の健康サポート
アロエベラは、新鮮さが一番
初めての人でも簡単、アロエベラ栽培
■ アロエベラの利用方法
生葉をそのまま食べる
おろし汁にして飲む
アロエベラを煎じて飲む
アロエベラ酒にして飲む
アロエベラを粉末にして飲む
生葉をそのまま利用する
アロエベラの生葉を貼る
アロエベラの葉液をぬり込む
アロエベラを湿布にして貼る
アロエベラで、うがいする
入浴剤としてお風呂に入れる
■ アロエベラに秘められたパワー
アロエベラの血行促進作用とは
アロエベラの免疫力向上作用とは
アロエベラで、元気な腸に
アロエベラの血糖値降下作用とは
アロエベラの抗菌作用とは
アロエベラの抗炎症作用とは
アロエベラの抗潰瘍作用とは
アロエベラの肝機能向上作用とは
アロエベラで、健康素肌
アロエベラのアレルギー抑制作用とは
アロエベラの老化予防作用とは
アロエベラの慢性関節リウマチへの作用とは
アロエベラの気管支ぜんそくへの作用とは
アロエベラの皮膚障害への作用とは
アロエベラの抗がん作用とは
 アロエベラ利用上の注意
■ 知りたい、アロエベラの育て方
アロエベラ苗の入手、用土づくり
アロエベラの植え方
アロエベラの育て方(春夏秋冬)
アロエベラの水やり
アロエベラの肥料
アロエベラの植えかえ、鉢の置場所
アロエベラの葉っぱの採り方
アロエベラ株のふやし方
アロエベラの花の咲かせ方
アロエベラの病害虫予防
アロエベラの特徴・性質
アロエベラの育て方Q&A
■ アロエベラで、感動体験
■ もっと知りたい、アロエベラ
■ サイトマップ
■ プロフィール
■ リンク集(相互リンク募集中)
健康
病気・症状・病院(1)
病気・症状・病院(2)
美容・ダイエット(1)
美容・ダイエット(2)
美容・ダイエット(3)
美容・ダイエット(4)
栄養・健康食品(1)
栄養・健康食品(2)
老化予防・健康長寿
SEO・検索エンジン
ライフスタイル
ショッピング
メデイア・ニュース
ビジネス・経済(1)
ビジネス・経済(2)
コンピュータ・インターネット
エンターテイメント
スポーツ
教育・文化・芸術
趣味・暮らし
地域情報
■ プライバシーポリシー
実用サイトへ

管理人お気に入りサイト
グーグル
ヤフー
高血圧の悩み 解決!
大腸がんの症状と基礎知識
便秘/便秘解消/便秘予防
アロエ栽培日記
痔の悩み、解決!





■ アロエベラ魅力は・・・


アロエベラは、病気ケガ美容などに、優れた効果が発揮されます。

でも、もっとすごいことは・・・。



アロエベラを常用すると、自分でも気づかないくらい多くの効果があり、とても丈夫で健康なからだにしてくれることです。

昔から、お医者さんいらずといわれてきた、アロエベラ


たくさんのパワーが秘められた、アロエベラ
たくさんのパワーが秘められたアロエベラ


アロエベラが注目を浴びるのは、病気を治すパワーはもとより、病気の予防や老化予防などに、とっても優れた効果を発揮するからだと考えられます。

私も、アロエベラと出会い、病気の苦しみ、悩みから解放されただけではなく、丈夫で健康なからだにすることができ、本当に感謝の想いでいっぱいです。




■ 日本薬局方のアロエとは・・・


ところで、日本薬局方には、アロエという文字があります。

日本薬局方は、国が重要と認める医薬品の性能や品質を一定の水準に保つ目的で、その規格を定めるものです。



日本薬局方に定められと、医薬品専用になり、食品や化粧品に使用することが認められません。

でも、日本薬局方のアロエとは、植物そのものを指しているのではありません。



日本薬局方のアロエとは、ケープアロエという品種を原料に、葉汁を煮固めた成分をいいます。

ちなみに、ケープアロエとは、南アフリカのケープ州を中心に産するフェロックス、スピカータ、 アフリカーナなどの総称です。



したがって、ケープアロエの成分は、医薬品以外に使用することが認められません。

逆に、アロエ成分を医薬品とする場合には、このケープアロエの成分が含まれていなければ、医薬品として認められません。

                         
▲ このページトップへ



■ アロエベラ外皮の成分は・・・


一方、アロエベラは、ジュースや食品、化粧品として広く利用され、親しまれています。

でも、アメリカでは、FDA(アメリカ食品医薬品局)からアロエベラの外皮部分を使用しないように、注意が出されています。



なぜなら、アロエベラの外皮部分には、アロインという苦味成分が含まれ、緩下作用(かんげさよう)があるからです。

緩下作用(かんげさよう)とは、お腹の腸を刺激し、穏やかに排便を促す作用のことです。



ですから、逆にアロインが含まれるアロエベラの外皮部分も、適量食べると、便秘の解消に効果が発揮されます。

アメリカのFDA(アメリカ食品医薬品局)からは、アロエベラの外皮を大量にとりすぎると、下痢のリスクが高まるので、注意が出されているものです。



なお、アロエベラには、外皮部分を食べなくても、葉肉のゼリー部分に腸内環境を整える働きがあるので、便秘の解消にとても役立ちます。

                         ▲ このページトップへ



■ 
まだ、研究途上のアロエベラ・・・


ところで、アロエベラに含まれる成分は、苦味成分のアロインだけではありません。

アロエベラには、ビタミン、ミネラル、酵素など多くの微量栄養素が含まれ、抗菌作用や新陳代謝促進作用、血糖値降下作用など、多くの有効作用があることが広く認められています。



しかし、現段階では、そのすべてが解明されているわけではありません。

アロエベラは、まだまだ、研究途上にある植物です。



でも、アロエベラは、これまでの研究成果や多くの体験結果から、これからも自然の薬草として、 ますます熱い注目を浴び続けるものと思われます。



                                    ▲ このページトップへ

当サイトは、個人的な体験、信頼できる情報を元に作成しています。最終的な判断は、ご自分の責任でお願いします。
また、当サイトを閲覧したことによる損害、損失の責任は一切負うことはできませんので、ご了承願います。
Copyright(C)驚き!アロエベラで悩み解消All rights reserved