驚き!アロエベラで、悩み解消

   トップ ページ> なぜ、アロエベラが注目される
なぜ、アロエベラが注目される
アロエベラ、一般サイト
■ トップ ページ 
■ アロエベラって、なに?
アロエベラは、丈夫な植物
アロエベラは、野菜の仲間
アロエベラの歴史
アロエベラに秘められた魅力
■ なぜ、アロエベラが注目される
自然の薬草、アロエベラ
お医者さんいらず、アロエベラ
老化予防の主役、アロエベラ
自然の化粧品、アロエベラ
■ アロエベラを育てるメリット
アロエベラで、病気やケガにすぐに対応
アロエベラで、丈夫なからだ
アロエベラで、薬に頼らない
アロエベラで、家計の節約
アロエベラで、時間の節約
アロエベラは、家庭の常備薬
アロエベラで、大切な家族の健康サポート
アロエベラは、新鮮さが一番
初めての人でも簡単、アロエベラ栽培
■ アロエベラの利用方法
生葉をそのまま食べる
おろし汁にして飲む
アロエベラを煎じて飲む
アロエベラ酒にして飲む
アロエベラを粉末にして飲む
生葉をそのまま利用する
アロエベラの生葉を貼る
アロエベラの葉液をぬり込む
アロエベラを湿布にして貼る
アロエベラで、うがいする
入浴剤としてお風呂に入れる
■ アロエベラに秘められたパワー
アロエベラの血行促進作用とは
アロエベラの免疫力向上作用とは
アロエベラで、元気な腸に
アロエベラの血糖値降下作用とは
アロエベラの抗菌作用とは
アロエベラの抗炎症作用とは
アロエベラの抗潰瘍作用とは
アロエベラの肝機能向上作用とは
アロエベラで、健康素肌
アロエベラのアレルギー抑制作用とは
アロエベラの老化予防作用とは
アロエベラの慢性関節リウマチへの作用とは
アロエベラの気管支ぜんそくへの作用とは
アロエベラの皮膚障害への作用とは
アロエベラの抗がん作用とは
 アロエベラ利用上の注意
■ 知りたい、アロエベラの育て方
アロエベラ苗の入手、用土づくり
アロエベラの植え方
アロエベラの育て方(春夏秋冬)
アロエベラの水やり
アロエベラの肥料
アロエベラの植えかえ、鉢の置場所
アロエベラの葉っぱの採り方
アロエベラ株のふやし方
アロエベラの花の咲かせ方
アロエベラの病害虫予防
アロエベラの特徴・性質
アロエベラの育て方Q&A
■ アロエベラで、感動体験
■ もっと知りたい、アロエベラ
■ サイトマップ
■ プロフィール
■ リンク集(相互リンク募集中)
健康
病気・症状・病院(1)
病気・症状・病院(2)
美容・ダイエット(1)
美容・ダイエット(2)
美容・ダイエット(3)
美容・ダイエット(4)
栄養・健康食品(1)
栄養・健康食品(2)
老化予防・健康長寿
SEO・検索エンジン
ライフスタイル
ショッピング
メデイア・ニュース
ビジネス・経済(1)
ビジネス・経済(2)
コンピュータ・インターネット
エンターテイメント
スポーツ
教育・文化・芸術
趣味・暮らし
地域情報
■ プライバシーポリシー
実用サイトへ

管理人お気に入りサイト
グーグル
ヤフー
高血圧の悩み 解決!
大腸がんの症状と基礎知識
便秘/便秘解消/便秘予防
アロエ栽培日記
痔の悩み、解決!



  自然の薬草、アロエベラ

  お医者さんいらず、アロエベラ

  老化予防の主役、アロエベラ

  自然の化粧品、アロエベラ



■ 超高齢化社会を迎えて・・・


アロエベラが注目されるひとつに、国民医療費の問題があります。


今、私たちの国日本は、諸外国に例を見ない速さで、人口の高齢化が進んでいます。



総人口に占める65歳以上の高齢者の割合が、21%以上になると超高齢化社会と呼ばれます。



日本は、すでに2005年(平成17年)の国勢調査で、65歳以上の高齢化率が21%に達し、イタリアを抜き、世界一の超高齢化社会を迎えました。
注目のアロエベラ
なぜ、アロエベラが注目される


今世紀のなかば、2,050年頃には、全人口に占める65歳以上の高齢者割合が33~39%になると推計されています。

国民3人に、1人以上が65歳以上の高齢者で占められる国になるのです。





■ 心配される国民医療費の増加・・・


一方で、生まれてくる子どもの数は、毎年減少の一途にあり、少子化が深刻な社会問題になっています。

そこで、心配されるのが、増加する国民医療費の負担です。



厚生労働省は、2,005年度(平成17年度)に病気やケガの治療で、医療機関に支払われた医療費(国民医療費)が総額33兆1,289億円になったと発表しました。

前年度より、1兆178億円も増え、3年連続で新記録更新です。



なぜ、国民医療費が伸び続けるのでしょうか?

それは、国民医療費のうち、65歳以上の高齢者が占める割合が、全体の51.0%を占めるからです。



その額は、16兆8,906億円です。

65歳未満の1人あたりの平均医療費が15万9,200円に比べて、65歳以上の1人あたりの医療費は、65万5,700円で、4倍以上の負担がかかります。



これから、ますます高齢化率が高まる中で、国民医療費がどこまで膨らむのか、ますます厳しい現実が待っています。



                          ▲ このページトップへ


■ 避けられない、医療費の増加抑制・・・


本格的な少子、高齢化社会を迎え、増大する国民医療費をいかに抑制するか?

2008年4月(平成20年4月)から、65歳以上の高齢者に対象に、後期高齢者医療制度が新たに導入されましたが・・・。



でも、制度や仕組みを変えるだけで、国民医療費の問題を乗り越えることができるのでしょうか・・・。



これからの、日本の国民医療費にとって大事なことは・・・

病気や、寝たきりになる高齢者を増やさないこと・・・。



言い換えれば、一人でも多くの高齢者に健康長寿の人生を全うしてもらうことです。

生き生きと、丈夫で元気な高齢者が増えれば、国民医療費の増加は、必ず抑制されるはずです。

                          ▲ このページトップへ




■ 注目されるアロエベラ・・・


そこで、注目されるのがアロエベラです。

アロエベラには、健康長寿をサポートする、すばらしい効果、効能が秘められています。



日常生活の中で、アロエベラを賢く、上手に利用すれば、きっと健康長寿の人生が待っているはずです。

健康長寿は、誰もが望む理想の人生でしょう。



同時に、国民医療費の増加抑制に大きな期待が寄せられます。

今や、超高齢化社会を迎えた日本こそ、アロエベラを最も必要としている国ではないでしょうか。



アロエベラが一人でも多くの人に、広く利用されれば・・・。

理想の超高齢化社会に、一歩でも近づくことができるはずです。



                                ▲ このページトップへ

当サイトは、個人的な体験、信頼できる情報を元に作成しています。最終的な判断は、ご自分の責任でお願いします。
また、当サイトを閲覧したことによる損害、損失の責任は一切負うことはできませんので、ご了承願います。
Copyright(C)驚き!アロエベラで悩み解消All rights reserved