驚き!アロエベラで、悩み解消

   トップ ページ > なぜ、アロエベラが注目される > 自然の化粧品、アロエベラ
自然の化粧品、アロエベラ
アロエベラ、一般サイト
■ トップ ページ 
■ アロエベラって、なに?
アロエベラは、丈夫な植物
アロエベラは、野菜の仲間
アロエベラの歴史
アロエベラに秘められた魅力
■ なぜ、アロエベラが注目される
自然の薬草、アロエベラ
お医者さんいらず、アロエベラ
老化予防の主役、アロエベラ
自然の化粧品、アロエベラ
■ アロエベラを育てるメリット
アロエベラで、病気やケガにすぐに対応
アロエベラで、丈夫なからだ
アロエベラで、薬に頼らない
アロエベラで、家計の節約
アロエベラで、時間の節約
アロエベラは、家庭の常備薬
アロエベラで、大切な家族の健康サポート
アロエベラは、新鮮さが一番
初めての人でも簡単、アロエベラ栽培
■ アロエベラの利用方法
生葉をそのまま食べる
おろし汁にして飲む
アロエベラを煎じて飲む
アロエベラ酒にして飲む
アロエベラを粉末にして飲む
生葉をそのまま利用する
アロエベラの生葉を貼る
アロエベラの葉液をぬり込む
アロエベラを湿布にして貼る
アロエベラで、うがいする
入浴剤としてお風呂に入れる
■ アロエベラに秘められたパワー
アロエベラの血行促進作用とは
アロエベラの免疫力向上作用とは
アロエベラで、元気な腸に
アロエベラの血糖値降下作用とは
アロエベラの抗菌作用とは
アロエベラの抗炎症作用とは
アロエベラの抗潰瘍作用とは
アロエベラの肝機能向上作用とは
アロエベラで、健康素肌
アロエベラのアレルギー抑制作用とは
アロエベラの老化予防作用とは
アロエベラの慢性関節リウマチへの作用とは
アロエベラの気管支ぜんそくへの作用とは
アロエベラの皮膚障害への作用とは
アロエベラの抗がん作用とは
■ アロエベラ利用上の注意
■ 知りたい、アロエベラの育て方
アロエベラ苗の入手、用土づくり
アロエベラの植え方
アロエベラの育て方(春夏秋冬)
アロエベラの水やり
アロエベラの肥料
アロエベラの植えかえ、鉢の置場所
アロエベラの葉っぱの採り方
アロエベラ株のふやし方
アロエベラの花の咲かせ方
アロエベラの病害虫予防
アロエベラの特徴・性質
アロエベラの育て方Q&A
■ アロエベラで、感動体験
■ もっと知りたい、アロエベラ
■ サイトマップ
■ プロフィール
■ リンク集(相互リンク募集中)
健康
病気・症状・病院(1)
病気・症状・病院(2)
美容・ダイエット(1)
美容・ダイエット(2)
美容・ダイエット(3)
美容・ダイエット(4)
栄養・健康食品(1)
栄養・健康食品(2)
老化予防・健康長寿
SEO・検索エンジン
ライフスタイル
ショッピング
メデイア・ニュース
ビジネス・経済(1)
ビジネス・経済(2)
コンピュータ・インターネット
エンターテイメント
スポーツ
教育・文化・芸術
趣味・暮らし
地域情報
■ プライバシーポリシー
実用サイトへ

管理人お気に入りサイト
グーグル
ヤフー
高血圧の悩み 解決!
大腸がんの症状と基礎知識
便秘/便秘解消/便秘予防
アロエ栽培日記
痔の悩み、解決!





■ アロエベラ効果とは・・・


アロエベラは、自然の化粧品としての魅力がいっぱいです。


なぜなら、アロエベラには、の毛穴を小さくし、汗や皮脂の分泌を抑え、をひきしめるアストリンゼント効果があります。


また、アロエベラには、に適度な水分と皮脂分を保たせ、に潤いを与えるモイスチャー効果があることも知られています。
自然の化粧品、アロエベラ
自然の化粧品、アロエベラ


さらに、アロエベラには、肌や毛穴などに繁殖する細菌などを殺す強力な殺菌作用があるので、ニキビや吹き出物からを守る働きもあります。



そのほかに、アロエベラには、の新陳代謝を促進させ、みにくいニキビ跡を、きれいなに修復させる働きや、シミや日焼けを予防する紫外線防止作用や、の炎症を抑える消炎作用などがあり、肌トラブルの解消にすばらしい効果が発揮されるからです。




■ 美容と言えば、化粧品・・・


ところで、美容と言えば、化粧品

化粧品は、テレビ、新聞、インターネットなど多くのメディアを使い、派手なコマーシャルが大々的に展開され、激しい販売合戦が繰り広げられています。



でも、国民生活センターには、毎年、多くの化粧品トラブルで、問合わせや相談が寄せられています。

皮膚科の医療機関でも、化粧品による皮膚トラブルの受診が少なくありません。



きれいになるために、高い化粧品を買い、その結果病院に駆け込むなんて残念ですね。

でも、化粧品は、このような実態にあり、皮膚トラブルを完全になくすことは、難しいことと考えられます。



なぜなら、皮膚には、外界からからだを守る作用がありますが、外界の刺激物に触れると、こうした皮膚の防御機能が破れることがあるからです。

いわゆる、かぶれと言われる症状で、正式な病名は、接触皮膚炎(せっしょくひふえん)です。



皮膚を刺激する原因物質は、化粧品だけではなく、化学製品、薬剤、金属、衣類、動物など、さまざまです。

でも、こうした刺激物の中で、毎日、欠かせないのが化粧品です。



そして、多くの化粧品が、自然化粧品をうたい文句に、販売展開されています。

でも、この“自然”という言葉には、だまされないようにしなければなりません。



なぜなら、化粧品には、いくら自然と強調されても、香料、色素、防腐剤、界面活性剤、クリームの原料など、多くの材料が必要だからです。

化粧品の使用には、自然という言葉に、まどわされないようにしましょう。

                          
▲ このページトップへ



■ 美容は、からだの内外から・・・


一般的に、美容というと、からだの表面、のことだけを考えがちです。

でも、は、内臓器官や心とも、密接に関係しています。



美容健康には、からだの内部と皮膚の両面から適切に対応していくことが、とても大切です。

この点で、自然の化粧品アロエベラには、からだの内外から健康をつくりだす、たくさんのパワーが秘められています。



なぜなら、アロエベラには、をひきしめるアストリンゼント果や、肌に潤いを与えるモイスチャー効果など、美容に直接作用するほかに、からだの内部から美しくする作用があるからです。

具体的には、アロエベラには、ビタミン類やミネラル、酵素など、たくさんの微量栄養素が含まれています。



アロエベラを食べることにより、こうした微量栄養素が新陳代謝の促進、腸内環境の改善や便秘の解消などに、とっても良い影響を及ぼします。

アロエベラなら、からだの内外から、健康できれいなづくりに、さまざまな効果が期待されます。

アロエベラは、まさに理想的な化粧品と言えます。

                          ▲ このページトップへ



■ アロエベラの利用で注意したいこと・・・


アロエベラには、にとっても良い作用がたくさんあります。

でも、自然の化粧品アロエベラにも、体質的に肌に合わない人もいるので、注意してください。



アロエベラが体質的に合うか、合わないか、アロエベラを使用するには、必ずパッチテストを行ってから、使用するように心がけてください。

パッチテストとは、原因物質を調べる検査方法です。



ご自分で簡単に行うことができます。

就寝前に、2~3cmくらいにカットしたアロエベラのゼリー部分を腕の内側などにあて、ガーゼでおおい、バンソウコウで止めてください。



翌朝、に炎症やかゆみがなければ、体質的にアロエベラの使用に問題がありません。

パッチテストで、に異常がなくても、大量に使うと、初めてでなくても皮膚がかぶれてしまう場合もあります。



これは、多めに繰り返し使用し、を刺激することにより、炎症を起こすものです。

炎症、かぶれは、アロエベラを使った部分に発症するので、すぐに原因を特定できます。



アロエベラで、に炎症やかゆみを自覚したら、すぐに中止してください。

中止後は、炎症やかゆい部分を刺激しなければ、自然に治癒します。

なお、心配でしたら、すぐに皮膚科の医療機関を受診してください。




                          ▲ このページトップへ

当サイトは、個人的な体験、信頼できる情報を元に作成しています。最終的な判断は、ご自分の責任でお願いします。
また、当サイトを閲覧したことによる損害、損失の責任は一切負うことはできませんので、ご了承願います。
Copyright(C)驚き!アロエベラで悩み解消All rights reserved