驚き!アロエベラで悩み解消

   トップ ページ > アロエベラの利用方法 > 入浴剤としてお風呂に入れる
入浴剤としてお風呂に入れる
アロエベラ、一般サイト
■ トップ ページ 
■ アロエベラって、なに?
アロエベラは、丈夫な植物
アロエベラは、野菜の仲間
アロエベラの歴史
アロエベラに秘められた魅力
■ なぜ、アロエベラが注目される
自然の薬草、アロエベラ
お医者さんいらず、アロエベラ
老化予防の主役、アロエベラ
自然の化粧品、アロエベラ
■ アロエベラを育てるメリット
アロエベラで、病気やケガにすぐに対応
アロエベラで、丈夫なからだ
アロエベラで、薬に頼らない
アロエベラで、家計の節約
アロエベラで、時間の節約
アロエベラは、家庭の常備薬
アロエベラで、大切な家族の健康サポート
アロエベラは、新鮮さが一番
初めての人でも簡単、アロエベラ栽培
■ アロエベラの利用方法
生葉をそのまま食べる
おろし汁にして飲む
アロエベラを煎じて飲む
アロエベラ酒にして飲む
アロエベラを粉末にして飲む
生葉をそのまま利用する
アロエベラの生葉を貼る
アロエベラの葉液をぬり込む
アロエベラを湿布にして貼る
アロエベラで、うがいする
入浴剤としてお風呂に入れる
■ アロエベラに秘められたパワー
アロエベラの血行促進作用とは
アロエベラの免疫力向上作用とは
アロエベラで、元気な腸に
アロエベラの血糖値降下作用とは
アロエベラの抗菌作用とは
アロエベラの抗炎症作用とは
アロエベラの抗潰瘍作用とは
アロエベラの肝機能向上作用とは
アロエベラで、健康素肌
アロエベラのアレルギー抑制作用とは
アロエベラの老化予防作用とは
アロエベラの慢性関節リウマチへの作用とは
アロエベラの気管支ぜんそくへの作用とは
アロエベラの皮膚障害への作用とは
アロエベラの抗がん作用とは
■ アロエベラ利用上の注意
 知りたい、アロエベラの育て方
アロエベラ苗の入手、用土づくり
アロエベラの植え方
アロエベラの育て方(春夏秋冬)
アロエベラの水やり
アロエベラの肥料
アロエベラの植えかえ、鉢の置場所
アロエベラの葉っぱの採り方
アロエベラ株のふやし方
アロエベラの花の咲かせ方
アロエベラの病害虫予防
アロエベラの特徴・性質
アロエベラの育て方Q&A
■ アロエベラで、感動体験
■ もっと知りたい、アロエベラ
■ サイトマップ
■ プロフィール
■ リンク集(相互リンク募集案内)
健康
病気・症状・病院(1)
病気・症状・病院(2)
美容・ダイエット(1)
美容・ダイエット(2)
美容・ダイエット(3)
美容・ダイエット(4)
栄養・健康食品(1)
栄養・健康食品(2)
老化予防・健康長寿
SEO・検索エンジン
ライフスタイル
ショッピング
メデイア・ニュース
ビジネス・経済(1)
ビジネス・経済(2)
コンピュータ・インターネット
エンターテイメント
スポーツ
教育・文化・芸術
趣味・暮らし
地域情報
■ プライバシーポリシー
実用サイトへ

管理人お気に入りサイト
グーグル
ヤフー
高血圧の悩み 解決!
大腸がんの症状と基礎知識
便秘/便秘解消/便秘予防
アロエ栽培日記
痔の悩み、解決!





 乾燥肌の人におすすめ・・・

アロエベラの利用方法として、生葉をそのままお風呂にいれると、からだが温まり、とっても癒されます。




特に、秋から冬にかけて空気が乾燥すると、乾燥肌の人は、かさかさ肌になり、からだ中がかゆくなります。




かゆみが起きる詳しいメカニズムは、まだわかっていないそうです。
アロエベラを入浴剤に
アロエベラで、リラックス


かゆみの原因にひとつには、皮膚に存在する肥満細胞と呼ばれる細胞からヒスタミンというかゆみを引き起こす物質が分泌されることが知られています。



かゆいので、からだをかくと、知覚神経を刺激し、神経ペプチドという物質を放出させ、さらにヒスタミンの分泌を促してしまいます。

そのために、からだをかくと、かゆみがどんどんひろがっていくという現象がみられるそうです。



そんなときに、アロエベラの葉を入浴剤として利用すると、乾燥肌がしとしと肌に改善され、かゆみの改善にも効果を発揮します。






 アロエベラの生葉を入浴剤に・・・


水道水で洗った、アロエベラ 輪切りにしたアロエベラ アロエベラを布袋に入れる アロエベラを入れ、お湯を沸かす。
アロエベラは、水道水で、きれいに洗います。 アロエベラを適当なサイズに輪切りします。 輪切りしたアロエベラを布袋に入れる。 アロエベラをお風呂の中に入れ、お湯を沸かす。


アロエベラ風呂の作り方には、いろいろな方法があります。

具体的には、アロエベラ生葉をそのままお風呂に入れる、アロエベラのしぼり汁をお風呂に入れる、 アロエベラ粉末をお風呂に入れる利用法などです。



画像は、アロエベラ生葉の利用方法ですが、はじめてアロエベラ入浴剤として体験する人は、葉肉全体で100グラムくらいを目安に、作りましょう。

入浴剤としての葉肉は、効果を確認しながら、量的加減をしてください。



先ず、最初にアロエベラの生葉を採取し、水道水できれいに洗います。

それから、アロエベラ外皮のトゲを取り除き、ゼリー状のムコ多糖体だけをカットします。(説明画像は、アロエベラを外皮ごと、布袋にセットし、お風呂に入れたものです。)



カットしたゼリー状のムコ多糖体と、外皮にもヌルヌル成分が付着しているので、一緒に布袋や使い古したパンストなどに入れ、口を結んで、冷たい水の浴槽に入れます。

アロエベラの生葉を入れてから、点火し、お風呂を沸かします。



お風呂を沸かすうちに、入浴剤としてアロエベラの有効エキスが自然にお湯に多くしみだします。

お風呂に入ったら、袋あるいは使い古しのパンストの中からアロエベラの外皮だけを取り出します。



外皮の内側に残っているゼリー部分だけを浴槽の中で手の爪先でこすり、お湯にしみださせます。

外皮は、内側にヌルヌル感がなくなったら捨てます。



外皮をもみつぶすと、皮膚がチクチクと過剰反応する場合もあるので、外皮は必ず捨てます。

外皮を処理すると、袋、あるいはパンストの中に残っているのは、ゼリー部分のムコ多糖体だけです。

袋、あるいはパンストを十分にもみほぐし、アロエベラの有効成分を完全にもみ出します。




                          ▲ このページトップへ

 アロエベラの葉液を入浴剤に・・・


次に、アロエベラの葉液をお風呂にいれる利用方法です。

先ず、最初にアロエベラの生葉を採取し、水道水できれいに洗います。



それから、アロエベラ外皮のトゲを取り除き、葉っぱを適当なサイズでカットします。

カットしたアロエベラの葉は、外皮を切り落とし、透明なゼリー部分だけをミキサー(またはジューサー)に入れ、すりつぶします。



ミキサー(またはジューサー)ですりつぶしたアロエベラの葉液は、300ccくらいを目安に浴槽にいれ、よくかき混ぜてから入浴します。



お風呂に入れるアロエベラの量は、その効果を確認しながら、加減をしてください。

ミキサー(またはジューサー)ですりつぶしたアロエベラは、外皮が取り除かれているので、肌への刺激が少なく、安心して利用できます。




                          ▲ このページトップへ

■ アロエベラの粉末を入浴剤に・・・


なお、アロエベラの粉末を入浴剤に利用しても、効果は生葉と同じです。

アロエベラの粉末は、自分でつくった粉末でも、市販されている粉末で利用できます。



アロエベラの粉末を入浴剤として利用する場合、量的には10グラムくらいを水に溶いて、浴槽にいれます。

アロエベラの粉末の場合も、点火まえの水の状態から、浴槽に入れたほうがお湯に溶け込みます。



アロエベラの粉末は、粉さえあれば、簡単で便利です。

でも、粉末の量は、その効果を確認しながら、自分に合った適量を利用してください。




                          ▲ このページトップへ


当サイトは、個人的な体験、信頼できる情報を元に作成しています。最終的な判断は、ご自分の責任でお願いします。
また、当サイトを閲覧したことによる損害、損失の責任は一切負うことはできませんので、ご了承願います。
Copyright(C)驚き!アロエベラで悩み解消All rights reserved