驚き!アロエベラで悩み解消

   トップ ページ > アロエベラに秘められたパワー  アロエベラの血行促進作用とは
アロエベラの血行促進作用とは
アロエベラ、一般サイト
■ トップ ページ 
■ アロエベラって、なに?
アロエベラは、丈夫な植物
アロエベラは、野菜の仲間
アロエベラの歴史
アロエベラに秘められた魅力
■ なぜ、アロエベラが注目される
自然の薬草、アロエベラ
お医者さんいらず、アロエベラ
老化予防の主役、アロエベラ
自然の化粧品、アロエベラ
■ アロエベラを育てるメリット
アロエベラで、病気やケガにすぐに対応
アロエベラで、丈夫なからだ
アロエベラで、薬に頼らない
アロエベラで、家計の節約
アロエベラで、時間の節約
アロエベラは、家庭の常備薬
アロエベラで、大切な家族の健康サポート
アロエベラは、新鮮さが一番
初めての人でも簡単、アロエベラ栽培
■ アロエベラの利用方法
生葉をそのまま食べる
おろし汁にして飲む
アロエベラを煎じて飲む
アロエベラ酒にして飲む
アロエベラを粉末にして飲む
生葉をそのまま利用する
アロエベラの生葉を貼る
アロエベラの葉液をぬり込む
アロエベラを湿布にして貼る
アロエベラで、うがいする
入浴剤としてお風呂に入れる
■ アロエベラに秘められたパワー
アロエベラの血行促進作用とは
アロエベラの免疫力向上作用とは
アロエベラで、元気な腸に
アロエベラの血糖値降下作用とは
アロエベラの抗菌作用とは
アロエベラの抗炎症作用とは
アロエベラの抗潰瘍作用とは
アロエベラの肝機能向上作用とは
アロエベラで、健康素肌
アロエベラのアレルギー抑制作用とは
アロエベラの老化予防作用とは
アロエベラの慢性関節リウマチへの作用とは
アロエベラの気管支ぜんそくへの作用とは
アロエベラの皮膚障害への作用とは
アロエベラの抗がん作用とは
■ アロエベラ利用上の注意
■ 知りたい、アロエベラの育て方
アロエベラ苗の入手、用土づくり
アロエベラの植え方
アロエベラの育て方(春夏秋冬)
アロエベラの水やり
アロエベラの肥料
アロエベラの植えかえ、鉢の置場所
アロエベラの葉っぱの採り方
アロエベラ株のふやし方
アロエベラの花の咲かせ方
アロエベラの病害虫予防
アロエベラの特徴・性質
アロエベラの育て方Q&A
■ アロエベラで、感動体験
■ もっと知りたい、アロエベラ
■ サイトマップ
■ プロフィール
■ リンク集(相互リンク募集中)
健康
病気・症状・病院(1)
病気・症状・病院(2)
美容・ダイエット(1)
美容・ダイエット(2)
美容・ダイエット(3)
美容・ダイエット(4)
栄養・健康食品(1)
栄養・健康食品(2)
老化予防・健康長寿
SEO・検索エンジン
ライフスタイル
ショッピング
メデイア・ニュース
ビジネス・経済(1)
ビジネス・経済(2)
コンピュータ・インターネット
エンターテイメント
スポーツ
教育・文化・芸術
趣味・暮らし
地域情報
■ プライバシーポリシー
実用サイトへ

管理人お気に入りサイト
グーグル
ヤフー
高血圧の悩み 解決!
大腸がんの症状と基礎知識
便秘/便秘解消/便秘予防
アロエ栽培日記
痔の悩み、解決!




 血管と血液の働き・・・



私たちのからだは、約60兆個の細胞でつくられています。


そのひとつひとつの細胞は、血液が運ぶ酸素と栄養素がエネルギー源になり、生命活動が営まれます。



そして、60兆個の細胞に血液を運ぶ血管は、動脈と静脈、そして毛細血管からなります。


血管は、からだの中を網の目のように走り、その長さは、約10万キロメートルにもなり、なんと地球を2周半もする長さだそうです。

血液内のイメージ
アロエベラで血行促進


血管血液は、私たちのからだの生命活動を支える大切な役割を果たします。

血管血液の正常な働きに、支障をきたすと、生死にかかわる重大な病気になります。




■ 血圧は、健康のバロメーター・・・


血圧は、健康のバロメーターです。

特に、高血圧は、百害あって一利なしです。



高血圧は、サイレントキラー、静かな殺し屋とも呼ばれています。

高血圧になっても、最初は、動悸や息切れ、頭痛、肩こりなどの軽い症状ですみますが・・・。



そのまま放置しておくと、やがて心不全や心筋こうそく、脳いっけつ、脳こうそくといった、生死にかかわる恐ろしい病気をひきおこします。

こうした病気は、昔から生活習慣病と言われ、私たちの日頃の食生活や運動のあり方が問題点として指摘されています。

                         ▲ このページトップへ



■ アロエベラのムコ多糖体の働き・・・


昔から、アロエベラには、心臓を強化する働きがあることが知られています。

しかし、残念ながら、アロエベラが心臓病を改善するメカニズムは、まだ医学的に十分に解明されていません。



でも、アロエベラの葉肉に含まれるゼリー状の成分、ムコ多糖体には、ビタミン類、ミネラ ル類など、からだに必要な75種類以上の微量栄養素が含まれています。

このアロエベラのムコ多糖体の働きが、心臓を強化するものと認められています。



そのひとつは、アロエベラの成分であるアロインが血液の循環を促進させることです。

次に、たくさんの微量栄養素を含むアロエベラのムコ多糖体には、血管の壁を柔らかくする作用があります。



それから、アロエベラのムコ多糖体には、血液中のコレストロールを吸収し、コレストロールの値を下げる作用もあります。

さらに、毛細血管は、コラーゲンという成分を介して、酸素や栄養素をそれぞれの細胞内に運び、そして、細胞からは、二酸化炭素や老廃物を受け取りますが、アロエベラには、このコラーゲンの合成能力を高める働きがあることもわかっています。



                         ▲ このページトップへ


■ アロエベラの作用は・・・


こうしたアロエベラの働きが、血管の壁を柔らかくするとともに、心臓を強化し、血液の循環を促進させ、動脈硬化や心臓疾患を予防するものと考えられています。

高血圧アロエベラで治ったという体験例は、いっぱいあります。



でも、アロエベラが薬の血圧降下剤のように、すぐに効果を発揮させるわけではありません。

アロエベラを粘り強く、利用すると、血液血管の組織、機能に徐々に影響を与え、血圧も自然に正常値に戻るものと考えられます。



いずれにしても、アロエベラは血行を促進させ、高血圧動脈硬化などの発症を予防します。

そして、こうした症状が原因になる、心不全や心筋こうそく、脳いっけつ、脳こうそくなど、 生死にかかわる大病リスクも低下させるものと、大いに期待することができます。



今、高血圧に悩まされていませんか・・・?

食事や運動など、日頃の生活習慣の改善とともに、是非、アロエベラをからだの中にとり入れてください。



アロエベラは、食間、起床時、就寝前などお腹の空いているときに、新鮮なゼリー状のムコ多糖体をカットし、食べます。

葉の外皮は、食べないで捨てます。



毎日、生活習慣として少しづつ食べ続けると、がんばるあなたに、アロエベラからきっと驚きの感動、感激、そして喜びがプレゼントされるでしょう。



                                ▲ このページトップへ

当サイトは、個人的な体験、信頼できる情報を元に作成しています。最終的な判断は、ご自分の責任でお願いします。
また、当サイトを閲覧したことによる損害、損失の責任は一切負うことはできませんので、ご了承願います。
Copyright(C)驚き!アロエベラで悩み解消All rights reserved