驚き!アロエベラで悩み解消

   トップ ページ > アロエベラに秘められたパワー > アロエベラで、健康素肌
アロエベラで、健康素肌
アロエベラ、一般サイト
■ トップ ページ 
■ アロエベラって、なに?
アロエベラは、丈夫な植物
アロエベラは、野菜の仲間
アロエベラの歴史
アロエベラに秘められた魅力
■ なぜ、アロエベラが注目される
自然の薬草、アロエベラ
お医者さんいらず、アロエベラ
老化予防の主役、アロエベラ
自然の化粧品、アロエベラ
■ アロエベラを育てるメリット
アロエベラで、病気やケガにすぐに対応
アロエベラで、丈夫なからだ
アロエベラで、薬に頼らない
アロエベラで、家計の節約
アロエベラで、時間の節約
アロエベラは、家庭の常備薬
アロエベラで、大切な家族の健康サポート
アロエベラは、新鮮さが一番
初めての人でも簡単、アロエベラ栽培
■ アロエベラの利用方法
生葉をそのまま食べる
おろし汁にして飲む
アロエベラを煎じて飲む
アロエベラ酒にして飲む
アロエベラを粉末にして飲む
生葉をそのまま利用する
アロエベラの生葉を貼る
アロエベラの葉液をぬり込む
アロエベラを湿布にして貼る
アロエベラで、うがいする
入浴剤としてお風呂に入れる
■ アロエベラに秘められたパワー
アロエベラの血行促進作用とは
アロエベラの免疫力向上作用とは
アロエベラで、元気な腸に
アロエベラの血糖値降下作用とは
アロエベラの抗菌作用とは
アロエベラの抗炎症作用とは
アロエベラの抗潰瘍作用とは
アロエベラの肝機能向上作用とは
アロエベラで、健康素肌
アロエベラのアレルギー抑制作用とは
アロエベラの老化予防作用とは
アロエベラの慢性関節リウマチへの作用とは
アロエベラの気管支ぜんそくへの作用とは
アロエベラの皮膚障害への作用とは
アロエベラの抗がん作用とは
■ アロエベラ利用上の注意
■ 知りたい、アロエベラの育て方
アロエベラ苗の入手、用土づくり
アロエベラの植え方
アロエベラの育て方(春夏秋冬)
アロエベラの水やり
アロエベラの肥料
アロエベラの植えかえ、鉢の置場所
アロエベラの葉っぱの採り方
アロエベラ株のふやし方
アロエベラの花の咲かせ方
アロエベラの病害虫予防
アロエベラの特徴・性質
アロエベラの育て方Q&A
■ アロエベラで、感動体験
■ もっと知りたい、アロエベラ
■ サイトマップ
■ プロフィール
■ リンク集(相互リンク募集中)
健康
病気・症状・病院(1)
病気・症状・病院(2)
美容・ダイエット(1)
美容・ダイエット(2)
美容・ダイエット(3)
美容・ダイエット(4)
栄養・健康食品(1)
栄養・健康食品(2)
老化予防・健康長寿
SEO・検索エンジン
ライフスタイル
ショッピング
メデイア・ニュース
ビジネス・経済(1)
ビジネス・経済(2)
コンピュータ・インターネット
エンターテイメント
スポーツ
教育・文化・芸術
趣味・暮らし
地域情報
■ プライバシーポリシー
実用サイトへ

管理人お気に入りサイト
グーグル
ヤフー
高血圧の悩み 解決!
大腸がんの症状と基礎知識
便秘/便秘解消/便秘予防
アロエ栽培日記
痔の悩み、解決!





■ アロエベラで、素肌健康に・・


素肌健康美容というと、私たちは、とかく皮膚の表面のことだけを考えがちです。

でも、皮膚は、小腸など内臓器官とも密接な関係にあります。


内臓器官は、さらに心と密接につながり、機能しています。


素肌健康美容には、からだと心の両面から原因をつきとめ、ケアーすることがとても大切です。



アロエベラの葉肉に含まれるゼリー状の成分、ムコ多糖体には、ビタミン、ミネラル、酵素など、75種類以上の微量栄養素があります。
アロエベラで、健康素肌
自然の化粧品、アロエベラ


アロエベラを食べると、この微量栄養素が小腸など内臓器官の働きを高めるとともに、アロエベラ素肌に直接塗ると、皮膚細胞の新陳代謝を促進させるなどの作用があります。



古代エジプトの、絶世の美女といわれたクレオパトラも、アロエからとった化粧水を愛用していたと、伝えられています。

本当なのか嘘なのか、真偽のほどはわかりませんが、アロエは、紀元前の大昔から、その効果、効能が広く知られ、利用されていたことになります。



美しく、若々しく、健康素肌にしたい・・・。

アロエベラを使えば、クレオパトラのように、きっと素肌美人になれますよ・・・。




■ なぜ、アロエベラ健康素肌に・・・


はじめに、素肌を美しくするアロエベラの作用としては、の水分を保つ保湿作用があげられます。

この保湿作用は、アロエベラの葉肉に含まれるゼリー状の成分、ムコ多糖体に含まれる、ビタミンB1、B6、B12、さらには各種ミネラルなどの成分が、素肌に潤いを与え、をしっとりさせてくれます。



次に、アロエベラの成分、ムコ多糖体には、の新陳代謝を促す作用があります。

からだの皮膚細胞は、表皮の基底層でつくられ、角質層へと押し上げられ、最後にはアカとなってはがれ落ちます。



私たちの皮膚は、このように表皮細胞が約28日間で生まれ変わりますが、アロエベラには、この新陳代謝を促進させる働きがあるので、いつもプチプチ、しっとりを保つことができます。

生まれつきの乾燥肌で、いつも肌荒れや肌のカサカサに悩まされていますか・・・?。

自然の化粧品、アロエベラなら乾燥肌のつらい悩みから、さようならできます。


                          ▲ このページトップへ




 アロエベラで、素肌の殺菌・・・


アロエベラの葉肉に含まれるゼリー状の成分、ムコ多糖体には、素肌に付着する細菌や病原菌を殺す、強力な抗菌作用があります。

このアロエベラ抗菌作用で、皮膚を細菌や病原菌から守り、健康に保つことができます。



例えば、吹き出物やニキビなど、細菌性の肌トラブルには、アロエベラの抗菌作用が有効に働き、さらにアロエベラ抗炎症作用、毒素分解作用も働き、相乗効果が発揮されます。

また、吹き出物やニキビなどで、炎症を起こした肌がただれてしまった場合でも、アロエベラには、皮膚細胞の新陳代謝を促す作用が働くので、ただれた肌をきれいに生き返らせます。



さらに、皮膚の毛穴からは、脂肪が分泌されますが、アロエベラの収れん(ちぢめる)作用が、余分な皮脂分泌を防ぎ、素肌をきめ細かに保ちます。

ニキビや吹き出物は、素肌美容には大敵です。



いま、鏡の前で、ニキビや吹き出物に悩まされていませんか・・・?

アロエベラには、強力な抗菌作用、抗炎症作用、毒素分解作用、新陳代謝を促進させる作用など、素肌によい効用がたくさん秘められています。

アロエベラで、素肌健康美容の大敵、ニキビや吹き出物をやっつけましょう。



                          ▲ このページトップへ


■ アロエベラで、紫外線防止・・・


アロエベラの肌作用のひとつは、からだに害をもたらす紫外線防止作用です。

アロエベラの葉肉に含まれるゼリー状の成分、ムコ多糖体には、への紫外線防止し、メラミン色素の合成を抑制する働きがあります。



また、が日焼けしても、アロエベラを利用すれば、シミなどを残さずに素肌をきれいなままに保つことができます。

さらに、アロエベラの新陳代謝を促進させる作用が、からだ全体の新陳代謝を活発にし、血液循環をよくすることで、シミやそばかす、しわなどの予防や改善にも効果があります。



紫外線の強い、暑い日差しの中で、どうしても外に出かけなければならいときに・・・。

しっかり、紫外線対策をしていますか?



アロエベラなら、紫外線防止し、メラミン色素の合成を抑制してくれます。

アロエベラで、からだに害をもたらす紫外線を徹底的に防止し、素肌美人になりましょう。




                                 ▲ このページトップへ


■ アロエベラの使用で、注意すること・・・


アロエベラに使用する場合は、アロエベラが体質的に合わない人がいます。

はじめて、アロエベラを使用する人は、必ずパッチテストでかぶれや、炎症がないことを確認してから、利用しましょう。



また、アロエベラを大量に、集中的に使うと、それまでは、何のトラブルに遭わなくても、急にがかぶれたり、炎症を引き起こす場合もあります。

これは、その部位の皮膚組織の防御機構が破れるために、かぶれや炎症が発症するものです。



こうした場合は、すぐにアロエベラの利用を中止します。

アロエベラの利用を中止すると、は自然に治りますが、心配の場合には、皮膚科を受診しましょう。



また、アロエベラは、新陳代謝促進作用が強く働き、顔などの古い皮膚組織が角質化し、垢となり、ヒリ、ヒリと痛みを伴い、ボロボロと、いっきに剥(は)がれ落ちる場合があります。

このような場合にも、アロエベラの使用を中止し、しばらく様子を見ましょう。



また、急な皮膚組織の角質化を防ぐためには、アロエベラを1週間に1回、あるいは1か月に1回くらいの頻度で、利用するのが適切です。



は、とても敏感な部位です。

アロエベラの使用にあたっても、肌トラブルに遭わないよう、細心の注意を払い、使用してください。



                                ▲ このページトップへ

当サイトは、個人的な体験、信頼できる情報を元に作成しています。最終的な判断は、ご自分の責任でお願いします。
また、当サイトを閲覧したことによる損害、損失の責任は一切負うことはできませんので、ご了承願います。
Copyright(C)驚き!アロエベラで悩み解消All rights reserved