驚き!アロエベラで悩み解消

   トップ ページ > アロエベラに秘められたパワー > アロエベラの抗がん作用とは
アロエベラの抗がん作用とは
アロエベラ、一般サイト
■ トップ ページ 
■ アロエベラって、なに?
アロエベラは、丈夫な植物
アロエベラは、野菜の仲間
アロエベラの歴史
アロエベラに秘められた魅力
■ なぜ、アロエベラが注目される
自然の薬草、アロエベラ
お医者さんいらず、アロエベラ
老化予防の主役、アロエベラ
自然の化粧品、アロエベラ
■ アロエベラを育てるメリット
アロエベラで、病気やケガにすぐに対応
アロエベラで、丈夫なからだ
アロエベラで、薬に頼らない
アロエベラで、家計の節約
アロエベラで、時間の節約
アロエベラは、家庭の常備薬
アロエベラで、大切な家族の健康サポート
アロエベラは、新鮮さが一番
初めての人でも簡単、アロエベラ栽培
■ アロエベラの利用方法
生葉をそのまま食べる
おろし汁にして飲む
アロエベラを煎じて飲む
アロエベラ酒にして飲む
アロエベラを粉末にして飲む
生葉をそのまま利用する
アロエベラの生葉を貼る
アロエベラの葉液をぬり込む
アロエベラを湿布にして貼る
アロエベラで、うがいする
入浴剤としてお風呂に入れる
■ アロエベラに秘められたパワー
アロエベラの血行促進作用とは
アロエベラの免疫力向上作用とは
アロエベラで、元気な腸に
アロエベラの血糖値降下作用とは
アロエベラの抗菌作用とは
アロエベラの抗炎症作用とは
アロエベラの抗潰瘍作用とは
アロエベラの肝機能向上作用とは
アロエベラで、健康素肌
アロエベラのアレルギー抑制作用とは
アロエベラの老化予防作用とは
アロエベラの慢性関節リウマチへの作用とは
アロエベラの気管支ぜんそくへの作用とは
アロエベラの皮膚障害への作用とは
アロエベラの抗がん作用とは
■ アロエベラ利用上の注意
■ 知りたい、アロエベラの育て方
アロエベラ苗の入手、用土づくり
アロエベラの植え方
アロエベラの育て方(春夏秋冬)
アロエベラの水やり
アロエベラの肥料
アロエベラの植えかえ、鉢の置場所
アロエベラの葉っぱの採り方
アロエベラ株のふやし方
アロエベラの花の咲かせ方
アロエベラの病害虫予防
アロエベラの特徴・性質
アロエベラの育て方Q&A
■ アロエベラで、感動体験
■ もっと知りたい、アロエベラ
■ サイトマップ
■ プロフィール
■ リンク集(相互リンク募集中)
健康
病気・症状・病院(1)
病気・症状・病院(2)
美容・ダイエット(1)
美容・ダイエット(2)
美容・ダイエット(3)
美容・ダイエット(4)
栄養・健康食品(1)
栄養・健康食品(2)
老化予防・健康長寿
SEO・検索エンジン
ライフスタイル
ショッピング
メデイア・ニュース
ビジネス・経済(1)
ビジネス・経済(2)
コンピュータ・インターネット
エンターテイメント
スポーツ
教育・文化・芸術
趣味・暮らし
地域情報
■ プライバシーポリシー
実用サイトへ

管理人お気に入りサイト
グーグル
ヤフー
高血圧の悩み 解決!
大腸がんの症状と基礎知識
便秘/便秘解消/便秘予防
アロエ栽培日記
痔の悩み、解決!





 
がんは、死亡原因の第一位・・・


がんは、わが国では、死亡原因の第1位です。

がんとの闘いは、現代医療の最重要課題になっています。



がんの治療法も、日進月歩の勢いでどんどん進歩発展しています。

がんによる死亡者数も、近い将来、かならず減るものと、期待されています。



しかし、がんによる死亡者数が年々増え続けているのも現実です。

がんは、何らかの原因により、正常細胞が突然変異を起し、無限に増殖するものですが、何らかの原因とは、まだ原因がわからないということです。




 がん宣告で、助からないのか・・・


一般的には、男性45歳以上、女性35歳以上ががん年齢と言われています。

年齢を重ねるごとに、発がん因子にさらされる危険性が高くなります。



このことは、私たちのからだが老化とともに、免疫力が低下し、病気に対する抵抗力が弱まるものと考えられます。

このことから、がんは、老化現象のひとつとも言われる病気です。



ところで、がん専門医から外科手術が不可能な進行がんであると見放された患者さんが、いつの間にか、元気になり、医師を驚かせることもあります。

医師から見放された進行がんが、このように自然治癒した症例は、たくさんあります。



がん自然治癒の要因としては、私たちのからだの中や、自然界にある物質などが働き、がん細胞を自然退縮させたものと考えられます。

がん自然治癒は、正に驚きでありますが、事実でもあり、がんを宣告されても、自然治癒が期待できる希望の証でもあります。

                         ▲ このページトップへ




 がん活性酸素の関係は・・・


発がん物質の多くには、活性酸素を生成する作用があり、正常細胞のがん化には、この活性酸素が深く関与しているとも言われます。

活性酸素とは、文字どおり活性化された酸素のことで、酸化力の強い酸素です。



通常の酸素は、原子核のまわりに8個の電子をもち、安定していますが、何かの原因で、この電子の一部が欠けた状態になるのが活性酸素です。

活性酸素は、自らを安定させるために、欠けた電子を奪い返そうと、活発に反応し、この電子の奪い合いが、体にさまざまな害を与えることが明らかになっています。



具体的には、この活性酸素が正常細胞の遺伝子を傷つけて、突然変異を招き、がん細胞を生み出してしまうと考えられています。

                                   ▲ このページトップへ


 抗がん剤の働きは・・・


ところで、がん治療では、一般的に抗がん剤という副作用が強い薬が用いられます。

抗がん剤は、がん細胞を直接殺すことを目的に作られる薬です。



しかし、正常細胞に対する副作用も激しく、白血球の減少や、激痛、脱毛などで、多くの患者を苦しませます。

また、正常細胞を傷つけ、白血球を現象させることにより、からだの免疫力も著しく低下させるリスクを伴います。



                         ▲ このページトップへ


 アロエベラで、奇跡が生まれるか・・・

そこで、注目されるのがアロエベラの働きです。


アロエベラの抗がん作用とは、がん細胞を直接殺す働きではありません。



アロエベラで、私たちが持っている免疫力を高め、自然治癒力を引き出すことにより、がん細胞の増殖を抑えようとするものです。
アロエベラの抗がん作用とは
アロエベラに秘められたパワー

ところで、私たちのからだには、毎日、数千個のがん細胞ができていると、いわれます。

このがん細胞を殺すのが、ナチュラルキラー細胞といわれる、NK細胞です。



NK細胞を活性化させ、免疫力を高める方法として、いつも笑うこと、森林浴や適度な運動が、生きがい療法として、がん予防に効果的といわれています。



アロエベラにも、がんの発生を未然に防ぐ働きがあることもわかっています。



なぜなら、アロエベラの葉肉に含まれるゼリー状の成分、ムコ多糖体には、植物繊維に似た作用があり、善玉菌を増やし、腸内環境を改善させ、免疫力の向上に働く作用があるからです。


さらに、アロエベラのムコ多糖体には、活性酸素を除去する抗酸化物質、酵素やビタミン、ミネラルなどが、たくさん含まれています。



アロエベラを体内に摂取すれば、このムコ多糖体に含まれる微量栄養素の働きにより、免疫力を高め、からだを活性酸素の害から守り、正常細胞のがん化も未然に防いでくれるものと、大いに期待されます。



がんには、自然治癒という奇跡の体験例もたくさんありますが、何よりも大切なことは、日頃からからだの免疫力を高めるとともに、正常細胞の突然変異を招く活性酸素の除去などを、心がけることです。



がんを心配されていますか・・・?

それなら、日頃からアロエベラでからだの免疫力を高め、がんに負けない体力、体質にしましょう。




                                ▲ このページトップへ

当サイトは、個人的な体験、信頼できる情報を元に作成しています。最終的な判断は、ご自分の責任でお願いします。
また、当サイトを閲覧したことによる損害、損失の責任は一切負うことはできませんので、ご了承願います。
Copyright(C)驚き!アロエベラで悩み解消All rights reserved