驚き!アロエベラで悩み解消

   トップ ページ > 知りたい、アロエベラの育て方 > アロエベラ株のふやし方
アロエベラ株のふやし方
アロエベラ、一般サイト
■ トップ ページ 
■ アロエベラって、なに?
アロエベラは、丈夫な植物
アロエベラは、野菜の仲間
アロエベラの歴史
アロエベラに秘められた魅力
■ なぜ、アロエベラが注目される
自然の薬草、アロエベラ
お医者さんいらず、アロエベラ
老化予防の主役、アロエベラ
自然の化粧品、アロエベラ
■ アロエベラを育てるメリット
アロエベラで、病気やケガにすぐに対応
アロエベラで、丈夫なからだ
アロエベラで、薬に頼らない
アロエベラで、家計の節約
アロエベラで、時間の節約
アロエベラは、家庭の常備薬
アロエベラで、大切な家族の健康サポート
アロエベラは、新鮮さが一番
初めての人でも簡単、アロエベラ栽培
■ アロエベラの利用方法
生葉をそのまま食べる
おろし汁にして飲む
アロエベラを煎じて飲む
アロエベラ酒にして飲む
アロエベラを粉末にして飲む
生葉をそのまま利用する
アロエベラの生葉を貼る
アロエベラの葉液をぬり込む
アロエベラを湿布にして貼る
アロエベラで、うがいする
入浴剤としてお風呂に入れる
■ アロエベラに秘められたパワー
アロエベラの血行促進作用とは
アロエベラの免疫力向上作用とは
アロエベラで、元気な腸に
アロエベラの血糖値降下作用とは
アロエベラの抗菌作用とは
アロエベラの抗炎症作用とは
アロエベラの抗潰瘍作用とは
アロエベラの肝機能向上作用とは
アロエベラで、健康素肌
アロエベラのアレルギー抑制作用とは
アロエベラの老化予防作用とは
アロエベラの慢性関節リウマチへの作用とは
アロエベラの気管支ぜんそくへの作用とは
アロエベラの皮膚障害への作用とは
アロエベラの抗がん作用とは
■ アロエベラ利用上の注意
■ 知りたい、アロエベラの育て方
アロエベラ苗の入手、用土づくり
アロエベラの植え方
アロエベラの育て方(春夏秋冬)
アロエベラの水やり
アロエベラの肥料
アロエベラの植えかえ、鉢の置場所
アロエベラの葉っぱの採り方
アロエベラ株のふやし方
アロエベラの花の咲かせ方
アロエベラの病害虫予防
アロエベラの特徴・性質
アロエベラの育て方Q&A
■ アロエベラで、感動体験
■ もっと知りたい、アロエベラ
■ サイトマップ
■ プロフィール
■ リンク集(相互リンク募集中)
健康
病気・症状・病院(1)
病気・症状・病院(2)
美容・ダイエット(1)
美容・ダイエット(2)
美容・ダイエット(3)
美容・ダイエット(4)
栄養・健康食品(1)
栄養・健康食品(2)
老化予防・健康長寿
SEO・検索エンジン
ライフスタイル
ショッピング
メデイア・ニュース
ビジネス・経済(1)
ビジネス・経済(2)
コンピュータ・インターネット
エンターテイメント
スポーツ
教育・文化・芸術
趣味・暮らし
地域情報
■ プライバシーポリシー
実用サイトへ

管理人お気に入りサイト
グーグル
ヤフー
高血圧の悩み 解決!
大腸がんの症状と基礎知識
便秘/便秘解消/便秘予防
アロエ栽培日記
痔の悩み、解決!




 アロエベラは、子株でふやす・・・


アロエベラには、黄色い花が咲きますが、日本の気候では種子をつけないので、種子で増やすことはできません。

また、葉をカットし、挿(さ)しても発根しないので、増やせません。



アロエベラは、真ん中の芯の部分が成長点です。

アロエベラは、この成長点が確保されれば、根がなくても、挿し木をすると、やがて発根し、成長します。



新しい生命、アロエベラ子株たちの誕生



アロエベラ株の増やし方は、子株です。

アロエベラは、順調に成長すると、3年目の秋頃から根元からたくさんの子株が芽をだします。



秋に誕生したアロエベラ子株は、そのまま春まで親株と一緒に育てます。

アロエベラ子株も、湿気が苦手です。



土がいつも湿ったままの状態にあると、アロエベラ子株も根腐れをおこすので、注意が必要です。

翌年4月頃になったら、アロエベラ子株を小さめの鉢、または庭に植えかえます。



子株が10~15cmくらいに成長してから、植えかえてください。

子株が小さいうちに、引き抜くと、根がじゅうぶんに生えていません。



根がよく出ていない状態で、植えかえても、枯れることはありませんが、発根するまでに、時間がかかり、成長に影響を与えます。

アロエベラの親株から子株を分けるときは、親株の根から子株を手でゆっくり、そっと引き抜きます。

子株の引き抜きに、ナイフなど刃物を使う必要はありません。

                           ▲ このページトップへ



 アロエベラ株の若返り・・・
伸びすぎた、アロエベラの茎をのこぎりでカット


アロエベラは、葉を使い、茎が伸びすぎたら、 挿し木で若返らせることができます。

ちょっと、残酷なようですが、アロエベラの茎と葉の一番下の部分から10cmから 15cmくらい下のところで切断します。



切り取ったアロエベラは、1週間ぐらい日陰で切り口を乾燥させます。

1週間が過ぎたら、アロエベラの切り株を挿し木してください。



カットされたアロエベラの株


約1月後には、アロエベラの茎の切断面周辺から新しい根が発根してきます。

アロエベラの一番外側の葉っぱが、発根エネルギーで消費され、多少枯れる現象もあります。



でも、心配は、無用です。

アロエベラの根が定着すると、アロエベラ株の芯から新しい葉が生まれ、株が若返ります。



挿し木を繰り返すと、アロエベラの生命に終りがなく、永遠に生き続けます。

私たち人間にとって、うらやましい限りです。

挿し木に適したシーズンは、4月頃ですが、それ以外の季節でも、可能です。


                          ▲ このページトップへ



■ カットされた茎と根から・・・


若返りのためにカットした茎と根は、そのままの状態にしておくと、やがて茎の部分や根元から新芽が吹き出てきます。



そのまま育てれば、子株たちは、順調に成長します。

でも、茎から芽をだした子株からは、いつになっても根がでてきません。

カットされた茎の途中から、吹き出るアロエベラの新芽


このため、少し大きくなってから、新芽を茎からはがします。

新芽を茎からはがすと、また新しい新芽が吹き出してきます。



茎からはがした新芽は、挿し木にして植えると、やがて根を出し、自ら成長します。

アロエベラのたくましい生命力には、驚かされます。



                                ▲ このページトップへ

当サイトは、個人的な体験、信頼できる情報を元に作成しています。最終的な判断は、ご自分の責任でお願いします。
また、当サイトを閲覧したことによる損害、損失の責任は一切負うことはできませんので、ご了承願います。
Copyright(C)驚き!アロエベラで悩み解消All rights reserved