驚き!アロエベラで悩み解消

   トップ ページ > 知りたい、アロエベラの育て方 > アロエベラの育て方Q&A
アロエベラの育て方Q&A
アロエベラ、一般サイト
■ トップ ページ 
■ アロエベラって、なに?
アロエベラは、丈夫な植物
アロエベラは、野菜の仲間
アロエベラの歴史
アロエベラに秘められた魅力
■ なぜ、アロエベラが注目される
自然の薬草、アロエベラ
お医者さんいらず、アロエベラ
老化予防の主役、アロエベラ
自然の化粧品、アロエベラ
■ アロエベラを育てるメリット
アロエベラで、病気やケガにすぐに対応
アロエベラで、丈夫なからだ
アロエベラで、薬に頼らない
アロエベラで、家計の節約
アロエベラで、時間の節約
アロエベラは、家庭の常備薬
アロエベラで、大切な家族の健康サポート
アロエベラは、新鮮さが一番
初めての人でも簡単、アロエベラ栽培
■ アロエベラの利用方法
生葉をそのまま食べる
おろし汁にして飲む
アロエベラを煎じて飲む
アロエベラ酒にして飲む
アロエベラを粉末にして飲む
生葉をそのまま利用する
アロエベラの生葉を貼る
アロエベラの葉液をぬり込む
アロエベラを湿布にして貼る
アロエベラで、うがいする
入浴剤としてお風呂に入れる
■ アロエベラに秘められたパワー
アロエベラの血行促進作用とは
アロエベラの免疫力向上作用とは
アロエベラで、元気な腸に
アロエベラの血糖値降下作用とは
アロエベラの抗菌作用とは
アロエベラの抗炎症作用とは
アロエベラの抗潰瘍作用とは
アロエベラの肝機能向上作用とは
アロエベラで、健康素肌
アロエベラのアレルギー抑制作用とは
アロエベラの老化予防作用とは
アロエベラの慢性関節リウマチへの作用とは
アロエベラの気管支ぜんそくへの作用とは
アロエベラの皮膚障害への作用とは
アロエベラの抗がん作用とは
■ アロエベラ利用上の注意
■ 知りたい、アロエベラの育て方
アロエベラ苗の入手、用土づくり
アロエベラの植え方
アロエベラの育て方(春夏秋冬)
アロエベラの水やり
アロエベラの肥料
アロエベラの植えかえ、鉢の置場所
アロエベラの葉っぱの採り方
アロエベラ株のふやし方
アロエベラの花の咲かせ方
アロエベラの病害虫予防
アロエベラの特徴・性質
アロエベラの育て方Q&A
■ アロエベラで、感動体験
■ もっと知りたい、アロエベラ
■ サイトマップ
■ プロフィール
■ リンク集(相互リンク募集中)
健康
病気・症状・病院(1)
病気・症状・病院(2)
美容・ダイエット(1)
美容・ダイエット(2)
美容・ダイエット(3)
美容・ダイエット(4)
栄養・健康食品(1)
栄養・健康食品(2)
老化予防・健康長寿
SEO・検索エンジン
ライフスタイル
ショッピング
メデイア・ニュース
ビジネス・経済(1)
ビジネス・経済(2)
コンピュータ・インターネット
エンターテイメント
スポーツ
教育・文化・芸術
趣味・暮らし
地域情報
■ プライバシーポリシー
実用サイトへ

管理人お気に入りサイト
グーグル
ヤフー
高血圧の悩み 解決!
大腸がんの症状と基礎知識
便秘/便秘解消/便秘予防
アロエ栽培日記
痔の悩み、解決!




Q1 アロエベラは、何年くらい育てれば、葉を利用することができますか?

Q2 アロエベラの葉が細くて、張りがなく、株全体に元気がみられません。
どうしたらアロエベラを元気にできますか?

Q3 アロエベラの子株を植え替えたら、1週間くらいで葉が茶色になってきました。
アロエベラの葉を緑色に戻すには、どうしたらよいでしょうか?

Q4 家族旅行で1週間、家を留守にします。
アロエベラは、乾燥に強いと聞いていますが、水やりはどうしたらよいですか?

Q5 アロエベラの葉っぱに、黒い斑点のようなものがでてきました。
アロエベラの病気対策を教えて下さい。

Q6 アロエベラの子株をたくさん増やしたいのですが、子株を増やす秘訣を教えて下さい。

Q7 黄色いアロエベラの花が咲きました。
どうしたらアロエベラの種子が採取できますか?

Q8 夏の頃、アロエベラの葉にイモムシがつきました。
アロエベラの害虫対策を教えて下さい。

Q9 アロエベラの葉を採取したいのですが、季節的にはいつごろがよいですか。






Q1 アロエベラは、何年くらい育てれば、葉を利用することができますか?
A1 アロエベラを子株から育てる場合、順調に育てれば、3年目には、葉を採取できます。

園芸店などで挿し木苗を購入し、アロエベラを育てる場合には、根が順調に発根し、成長すれば、その年に葉を採取して、利用することができます。

なお、アロエベラ株には、成長のために最低でも10枚前後の葉っぱがついているように心がけて下さい。

                        ▲ このページトップへ

Q2 アロエベラの葉が細くて、張りがなく、株全体に元気がみられません。
どうしたらアロエベラを元気にできますか?
A2 アロエベラの元気のない原因は、日照不足です。

冬季以外は、アロエベラを戸外の風通しのよい場所に置き、日光をいっぱい浴びせることです。

冬季も、ガラス越しに日光の差し込む室内で、日の光をいっぱい浴びせましょう。

さらに、アロエベラに追肥として、液肥を施し、栄養を補給するとともに、植物活性剤を与え、光合成を活発にさせて下さい。

また、アロエベラの根に原因がある可能性もあります。

アロエベラの根は、尿素など化学肥料を散布すると、土が目詰まりを起こし、根が腐食してしまう場合があります。

また、アロエベラの植え込み時に、腐葉土が使われている場合、腐葉土に付着した害虫(蛾など)の卵が幼虫になり、根が食われてしまうこともあります。

そのような場合、アロエベラ株は、水分や栄養分が吸収できなくなるため、株全体の葉肉が薄くなり、色の紫色に変色し、元気がなくなります。

対策としては、アロエベラの根が幼虫に食べられ、根なし状態なら、地中の茎の部分をカット、日陰で1週間くらい乾燥させ、挿し木で再生させましょう。

なお、アロエベラの土は、通気性、排水性のよい新しい培養土に、入れ替えてください。


                        ▲ このページトップへ

Q3 アロエベラの子株を植え替えたら、1週間くらいで葉が茶色になってきました。
アロエベラの葉を緑色に戻すには、どうしたらよいでしょうか?
A3 アロエベラは、苗を植え替えると、 しばらく葉っぱが茶色に変色します。

アロエベラの根が定着するまでの、一時的な現象です。

アロエベラの根が定着すると、やがて中心部分から緑色が広がってきます。

心配しないで、アロエベラは植え替え後もそのまま育てましょう。

                        ▲ このページトップへ

Q4 家族旅行で1週間、家を留守にします。
アロエベラは、乾燥に強いと聞いていますが、水やりはどうしたらよいですか?
A4 アロエベラは、乾燥に強い植物です。

旅行に出かける前日夕方に、アロエベラにたっぷり水をやれば、1週間くらいの留守なら、まったく心配する必要はありません。

                        ▲ このページトップへ

Q5 アロエベラの葉っぱに、黒い斑点のようなものがでてきました。
アロエベラの病気対策を教えて下さい。
A5 アロエベラは、とても病気に強い植物です。

アロエベラ
の葉っぱの黒い斑点は、根が原因です。

土が固まり、通気性、排水性が悪くなると、アロエベラの根が酸素不足になり、腐食します。

また、アロエベラに化学肥料を施すと、化学肥料が根に直接触れ、根が腐食する可能性も高まります。

アロエベラは、根が腐食すると、いずれの場合にも葉に黒い斑点のようなものができます。

アロエベラの土が固まり、通気性が悪いのなら、鉢土を掘り返し、通気性をよくしましょう。

また、アロエベラに化学肥料を与えたのなら、化学肥料を取り除き、有機質肥料を与えましょう。


                        ▲ このページトップへ

Q6 アロエベラの子株をたくさん増やしたいのですが、子株を増やす秘訣を教えて下さい。
A6 アロエベラの子株を増やす秘訣は、一年中、たくさん太陽を浴びせることです。

また、アロエベラを通気性、排水性のよい用土に植え、夏場の成長期には、夕方水をたっぷりやり、根を元気にさせることが大切です。

さらに、暑い夏場をのりきるためには、アロエベラに追肥として液肥もやります。

また、アロエベラにたくさんの子株が誕生しやすいように、アロエベラ株の周囲には、少しスペースが確保できるように、やや大きめの鉢に植えて下さい。


                        ▲ このページトップへ

Q7 黄色いアロエベラの花が咲きました。
どうしたらアロエベラの種子が採取できますか?
A7 アロエベラは、原産地のような乾燥地帯でないと花が咲いても結実しません。

残念ながら、日本の気候では、アロエベラは花が咲いても、種子を採取することができません。

このため、普通の植物のようにアロエベラは、種子をまいて増やす方法がとれません。

                        ▲ このページトップへ

Q8 夏の頃、アロエベラの葉にイモムシがつきました。
アロエベラの害虫対策を教えて下さい。
A8 アロエベラの葉に害虫がつくことは、ほとんどありません。

でも、アロエベラの葉っぱにイモムシ、ヨトウムシ、ナメクジなどの害虫を見つけたら、
直接捕獲し、駆除しましょう。

なお、農薬を使えば、簡単に駆除できますが・・・

アロエベラは、新鮮な生の葉肉を食べることが一番おすすめなので、農薬は使わないようにしましょう。

なお、園芸店などには、農薬ではない木酢液や竹酢液が販売されていますが・・・

これら木酢液や竹酢液には、直接的な害虫駆除効果が見込めないので、おすすめできません。

                        ▲ このページトップへ

Q9 アロエベラの葉を採取したいのですが、季節的にはいつごろがよいですか。
A9 アロエベラの葉は、1年中、いつでも採取できます。

ただ、暑い夏場は、アロエベラの葉をとったところから腐りやすく、注意が必要です。

アロエベラの茎と葉元にカッターナイフで、少し切り込み、切り口と反対側にゆっくりまわしながら、採取して下さい。


                            ▲ このページトップへ



当サイトは、個人的な体験、信頼できる情報を元に作成しています。最終的な判断は、ご自分の責任でお願いします。
また、当サイトを閲覧したことによる損害、損失の責任は一切負うことはできませんので、ご了承願います。
Copyright(C)驚き!アロエベラで悩み解消All rights reserved