驚き!アロエベラで悩み解消

   トップ ページ > プロフィール
プロフィール
アロエベラ、一般サイト
■ トップ ページ 
■ アロエベラって、なに?
アロエベラは、丈夫な植物
アロエベラは、野菜の仲間
アロエベラの歴史
アロエベラに秘められた魅力
■ なぜ、アロエベラが注目される
自然の薬草、アロエベラ
お医者さんいらず、アロエベラ
老化予防の主役、アロエベラ
自然の化粧品、アロエベラ
■ アロエベラを育てるメリット
アロエベラで、病気やケガにすぐに対応
アロエベラで、丈夫なからだ
アロエベラで、薬に頼らない
アロエベラで、家計の節約
アロエベラで、時間の節約
アロエベラは、家庭の常備薬
アロエベラで、大切な家族の健康サポート
アロエベラは、新鮮さが一番
初めての人でも簡単、アロエベラ栽培
■ アロエベラの利用方法
生葉をそのまま食べる
おろし汁にして飲む
アロエベラを煎じて飲む
アロエベラ酒にして飲む
アロエベラを粉末にして飲む
生葉をそのまま利用する
アロエベラの生葉を貼る
アロエベラの葉液をぬり込む
アロエベラを湿布にして貼る
アロエベラで、うがいする
入浴剤としてお風呂に入れる
■ アロエベラに秘められたパワー
アロエベラの血行促進作用とは
アロエベラの免疫力向上作用とは
アロエベラで、元気な腸に
アロエベラの血糖値降下作用とは
アロエベラの抗菌作用とは
アロエベラの抗炎症作用とは
アロエベラの抗潰瘍作用とは
アロエベラの肝機能向上作用とは
アロエベラで、健康素肌
アロエベラのアレルギー抑制作用とは
アロエベラの老化予防作用とは
アロエベラの慢性関節リウマチへの作用とは
アロエベラの気管支ぜんそくへの作用とは
アロエベラの皮膚障害への作用とは
アロエベラの抗がん作用とは
 アロエベラ利用上の注意
■ 知りたい、アロエベラの育て方
アロエベラ苗の入手、用土づくり
アロエベラの植え方
アロエベラの育て方(春夏秋冬)
アロエベラの水やり
アロエベラの肥料
アロエベラの植えかえ、鉢の置場所
アロエベラの葉っぱの採り方
アロエベラ株のふやし方
アロエベラの花の咲かせ方
アロエベラの病害虫予防
アロエベラの特徴・性質
アロエベラの育て方Q&A
■ アロエベラで感動体験
■ もっと知りたい、アロエベラ
 サイトマップ
 プロフィール
 リンク集(相互リンク募集中)
健康
病気・症状・病院(1)
病気・症状・病院(2)
美容・ダイエット(1)
美容・ダイエット(2)
美容・ダイエット(3)
美容・ダイエット(4)
栄養・健康食品(1)
栄養・健康食品(2)
老化予防・健康長寿
SEO・検索エンジン
ライフスタイル
ショッピング
メデイア・ニュース
ビジネス・経済(1)
ビジネス・経済(2)
コンピュータ・インターネット
エンターテイメント
スポーツ
教育・文化・芸術
趣味・暮らし
地域情報
■ プライバシーポリシー
実用サイトへ

管理人お気に入りサイト
グーグル
ヤフー
高血圧の悩み 解決!
大腸がんの症状と基礎知識
便秘/便秘解消/便秘予防
アロエ栽培日記
痔の悩み、解決!



Profile


当サイトは、アロエベラに関するサイト運営者の徹底体験、信頼性の高い情報をもとに、構築しています。

サイト運営者は、今から約20年前に、アメリカからのお土産として、小さなアロエベラの苗1株をいただきました。



それ以来、アロエベラを育てながら、アロエベラから、たくさんの素晴らしい感動をもらいました。

そして、これまで私は、アロエベラへの興味、関心を益々高め、アロエベラの効果、効能を自ら徹底的に体験してきました。





これまで、サイト運営者や家族が、アロエベラで解消した病気の悩みは、次のとおりです。

アトピー性皮膚炎 蚊刺され 唇ヘルペス ニキビ
風邪 頭痛 心臓病 メタボリックシンドローム
歯痛(しつう) 痔(痔核) 便秘 こむら返り
肌荒れ(顔) 関節痛(指、ひじなど) 抜け毛・脱毛 急性胃炎
男性更年期障害 しわの解消 シミの縮小、解消 いぼ痔の解消





でも、アロエベラの恩恵は、病気の悩みの解消だけではありません。

アロエベラのお陰で、何よりも病気になりにくい、丈夫なからだを手にすることもできました。

また、誰でもが、加齢とともに、からだの老化現象を避けることができません。

この老化予防の面でも、アロエベラには、素晴らしいパワーが秘められていることを体感し、驚いています。




なぜなら、アロエベラの葉肉、透明なゼリー状の成分は、「ムコ多糖体」だからです。

「ムコ多糖体」とは、聞きなれない言葉ですが、ラテン語で動物の粘性分泌物という意味です。

「ムコ多糖体」は、アミノ糖を含む多糖体の総称で、動物の結合組織や体液中に存在する成分で、高価な基礎化粧品などに使われるヒアルロン酸、コンドロイチン酸なども、その一種です。


そして、何よりも注目すべきことは、「ムコ多糖体」には、成人病(脳疾患、心臓疾患、肝疾患、腎臓病など)の予防・治療、関節炎、神経痛、リウマチなどの改善、吹き出物、腰痛、肩こりの改善、創傷早期治療、美肌効果、毛髪増量、皮膚のシミとり、視力回復、免疫力増強、滋養強壮など、中高年以降の世代が抱える健康、美容、老化現象などの、問題点を改善する力を持っていることです。





私たちの体は、その60%が水分です。

体の中の水分は、血液やリンパ液、あるいは組織間液などを総称して体液と呼び、この体液を体内に維持、機能発揮させる、重要な基礎物質の一つが「ムコ多糖体」です。

赤ちゃんの肌が、きめ細かく、むちむち、すべすべしているのは、「ムコ多糖体」が体内合成され、大人に比べて、体液の量が多いからなのです。





残念なことに、「ムコ多糖体」は、加齢とともに、体内合成能力が低下します。

10代から30代までのレベルを100とすると、40代になるとレベル60、60代になるとレベル45と、ピーク時の半分以下にまで低下するそうです。

このため、30代からは、「ムコ多糖体」の補給が必要と言われています。






私たちは、老化予防や若返り物質を求め、ビタミンC、ビタミンE、β―カロチンなど抗酸化物質や、免疫を高めるミネラルなどの、サプリメントを摂っていますが、これらの栄養素といえども、体液という媒体なしには、その摂取効果を発揮させることができません。

大切なことは、その体液の量が「ムコ多糖体」により左右されていることです。





例えば、目の組織は、ほとんど「ムコ多糖体」で成り立ち、「ムコ多糖体」で蓄えられた水分の中にひたされているそうです。


誰もが、加齢とともに目の衰えを自覚しますが、これは、目の組織から「ムコ多糖体」が不足してくることが、その第一の原因と考えられています。

また、私たちのからだは、約60兆個の細胞から、組織が成り立っています。

そして、からだの各部を結合する組織は、「ムコ多糖体」が重要な役割を果たしています。






つまり、「ムコ多糖体」は、細胞と細胞、組織と組織を結びつけたり、逆にくっつかないようにしたり、間隙を満たしたり、あるいは関節がスムーズに動くように、潤滑油の役割を果たしています。


私たちのからだは、「ムコ多糖体」が全身くまなく分布し、機能することにより、呼吸をしたり、排泄をしたり、手足を動かしたり、生命活動を維持することができるのです。





「ムコ多糖体」が多く含まれる食品には、ウナギやドジョウ、スッポン、サメ、カニ、生カキ、豚足、マグロの目玉などが挙げられます。

でも、これらの食品は、全体的に栄養価が豊富なので、食べすぎると脂肪過多や、カロリー過剰という別の問題がでてきます。

このため、こうした食品から「ムコ多糖体」を十分に摂るのは、難しいです。

また、これらの「ムコ多糖体」を多く含む食品群は、高価格でもあり、家計の負担、圧迫も避けられません。






そこで、アロエベラに注目してください。

アロエベラなら、老化予防、若返りに役立つ「ムコ多糖体」をたっぷり摂り入れることができます。

そして、加齢とともに苦しめられる、病気や老化現象にも、悩まされることもなくなります。

健康に自信を持ち、毎日、元気いっぱい、笑顔いっぱいの人生を楽しんでいます。




いま、病気に苦しめられ、悩まされていますか・・・?

アロエベラには、たくさんの驚きのパワーが秘められています。

是非、すぐにでもアロエベラを体験してください・・・。





アロエベラからもらった、たくさんの感動ドラマを、一人でも多くの人に体感していただきたい。

そして、大切なご家族にも、元気いっぱい、笑顔いっぱいの輪が大きく広がることを、心から願っています。

これが、サイト運営の想いです。



                                ▲ このページトップへ

当サイトは、個人的な体験、信頼できる情報を元に作成しています。最終的な判断は、ご自分の責任でお願いします。
また、当サイトを閲覧したことによる損害、損失の責任は一切負うことはできませんので、ご了承願います。
Copyright(C)驚き!アロエベラで悩み解消All rights reserved