驚き!アロエベラで、悩み解消

    実用サイト・トップ > からだの悩み・・・皮膚系
からだの悩み・・・皮膚系
 一般サイト・トップ
 実用サイト・トップ
 からだの悩み・・・皮膚系
アトピー性皮膚炎
いぼ・タコ・魚の目
円形脱毛症
おでき
蚊(か)刺され
かみそり負け
切り傷・すり傷
唇(くちびる)ヘルペス
しもやけ・あかぎれ・ひび
蕁麻疹(じんましん)
床ずれ
ニキビ
抜け毛・脱毛(頭皮)
肌荒れ(顔)
フケ・かゆみ(頭皮)
水虫
やけど
 からだの悩み・・消化器・泌尿器系
胃かいよう
胃酸過多症
肝臓病
急性胃炎
口内炎(こうないえん)
歯痛(しつう)
十二指腸潰瘍(かいよう)
神経性胃炎
痔(ぢ)
膣炎(ちつえん)
尿道炎(にょうどうえん)
乗り物酔い
二日酔い
便秘(べんぴ)
膀胱炎(ぼうこうえん)
慢性胃炎
 からだの悩み・・・呼吸器系
アレルギー性鼻炎
風邪(かぜ)
気管支ぜんそく
急性鼻炎
肺結核
慢性気管支炎
 からだの悩み・・・循環器系
肩こり
高血圧
心臓病
頭痛
低血圧症
糖尿病
動脈硬化症
冷え症
貧血
メタボリックシンドローム
 からだの悩み・・・神経・関節系
打ち身(打撲)
筋肉痛
こむら返り
四十肩・五十肩
神経痛
痛風
椎間板(ついかんばん)ヘルニア
捻挫(ねんざ)
変形性膝(ひざ)関節症
慢性関節リウマチ
 アロエベラで、丈夫なからだ
アロエベラで、免疫力の向上
アロエベラで、血行促進
アロエベラで、新陳代謝促進
 アロエベラで、老化予防
アロエベラで、老化に伴う免疫力低下の予防
アロエベラで、肝機能の老化予防
アロエベラで、循環器系の老化予防
アロエベラで、消化器系の老化予防
アロエベラで、肌の老化予防
アロエベラで、髪の老化予防
アロエベラで、骨の老化予防
アロエベラで、関節の老化予防
アロエベラで、脳の老化予防
アロエベラで、老化に伴う肥満予防
アロエベラで、老化に伴うホルモン減少予防
 アロエベラで、健康素肌
アロエベラで、シミ、ソバカス予防
アロエベラで、肌荒れ予防
アロエベラで、シワ予防
アロエベラで、日焼け予防
アロエベラで、頭皮のフケ、かゆみ予防
アロエベラで、抜け毛予防
アロエベラで、ニキビ予防
アロエベラで、手荒れ予防
アロエベラで、唇ヘルペス予防
 サイトマップ
 プロフィール
 プライバシーポリシー

管理人お気に入りサイト
グーグル
ヤフー
高血圧の悩み 解決!
大腸がんの症状と基礎知識
便秘/便秘解消/便秘予防
アロエ栽培日記
痔の悩み、解決!


アトピー性皮膚炎 蕁麻疹(じんましん)
いぼ・タコ・魚の目 床ずれ
円形脱毛症 ニキビ
おでき 抜け毛・脱毛(頭皮)
蚊(か)刺され 肌荒れ(顔)
かみそり負け フケ・かゆみ(頭皮)
切り傷・すり傷 水虫
唇(くちびる)ヘルペス やけど
しもやけ・あかぎれ・ひび                  (あいうえお順)


 アロエベラの使い方・・・


アロエベラは、皮膚の病気にとても効果を発揮します。

アロエベラには、抗炎症作用、鎮痛作用、抗菌作用、抗潰瘍作用などが秘められているからです。



肌は、外界からからだを守る働きをしています。

そして、肌は、とても敏感なところです。





このため、洗剤や化粧品、衣類などで、この防御機構が破れ、炎症などを起こすケースも少なくありません。

アロエベラも、例外ではありません。



なお、病気の悩みに記載されている病名は、民間療法として、これまでのアロエベラの体験や、信頼性の高い研究情報などに基づくものです。



記載された病気のほかにも、アロエベラの効果、効能が十分に発揮される病気があると、考えられますので、アロエベラに秘められたパワーを理解し、病気の悩みの解消にお役立てください。



アロエベラを肌に使う場合、次の点に注意し適切な対応を心がけてください。



(パッチテスト)
水道水で洗った、アロエベラ パッチテスト用に、アロエベラをカット アロエベラをバンソウコウにのせる アロエベラを腕の内側に貼る
アロエベラの生葉を水道水できれいに洗います。 パッチテスト用に、アロエベラをカットします。 アロエベラの外皮を下にして、ばんそうこうの上に置きます。 アロエベラのゼリー部分を肌にあて、腕の内側に貼ります。


はじめて、アロエベラを肌に利用する場合には、肌にアロエベラが体質的に合うことをパッチテストで確認してから、利用してください。
アロエベラを肌に使う場合、すぐに効果を上げたいからと、最初から大量に、過度に使わないでください。

肌は、とても敏感なところなので、パッチテストで問題がなくても、急にかぶれたり、炎症をおこす場合がまれにあります。

かぶれや、炎症を自覚したら、アロエベラの利用をすぐに中止してください。
アロエベラは、新陳代謝を促進する作用があり、肌に使うと、古い皮膚が新しい皮膚へと、いっきに生まれ変わろうとします。

このときに、肌がヒリヒリしたり、いっきに皮膚がむけるような現象がおこります。

特に、女性の場合、アロエベラを顔に使うときは、このような過激な変化を避けるため、葉液を薄めたり、少しづつ使うように心がけてください。
肌は、その部位によって、敏感さに違いがあり、柔らかい肌の部位ほど、敏感なので、気をつけてください。
アロエベラを使用した結果には、症状や体質などで個人差がでます。自分の判断、責任で、効果を確かめ、適量を確認しながら、利用を続けてください。
アロエベラは、昔から民間療法として、さまざまな効能が知られ、利用されてきましたが、なんでもアロエベラに頼るのはやめましょう。

症状や効果によっては、きちんと医療機関を受診し、専門医の治療を受ける必要があります。



                                 ▲ このページトップへ

当サイトは、個人的な体験、信頼できる情報を元に作成しています。最終的な判断は、ご自分の責任でお願いします。
また、当サイトを閲覧したことによる損害、損失の責任は一切負うことはできませんので、ご了承願います。
Copyright(C)驚き!アロエベラで悩み解消All rights reserved