驚き!アロエベラで、悩み解消

    実用サイト・トップ > からだの悩み・・・循環器系
からだの悩み・・・循環器系
 一般サイト・トップ
 実用サイト・トップ
 からだの悩み・・・皮膚系
アトピー性皮膚炎
いぼ・タコ・魚の目
円形脱毛症
おでき
蚊(か)刺され
かみそり負け
切り傷・すり傷
唇(くちびる)ヘルペス
しもやけ・あかぎれ・ひび
蕁麻疹(じんましん)
床ずれ
ニキビ
抜け毛・脱毛(頭皮)
肌荒れ(顔)
フケ・かゆみ(頭皮)
水虫
やけど
 からだの悩み・・消化器・泌尿器系
胃かいよう
胃酸過多症
肝臓病
急性胃炎
口内炎(こうないえん)
歯痛(しつう)
十二指腸潰瘍(かいよう)
神経性胃炎
痔(ぢ)
膣炎(ちつえん)
尿道炎(にょうどうえん)
乗り物酔い
二日酔い
便秘(べんぴ)
膀胱炎(ぼうこうえん)
慢性胃炎
 からだの悩み・・・呼吸器系
アレルギー性鼻炎
風邪(かぜ)
気管支ぜんそく
急性鼻炎
肺結核
慢性気管支炎
 からだの悩み・・・循環器系
肩こり
高血圧
心臓病
頭痛
低血圧症
糖尿病
動脈硬化症
冷え症
貧血
メタボリックシンドローム
 からだの悩み・・・神経・関節系
打ち身(打撲)
筋肉痛
こむら返り
四十肩・五十肩
神経痛
痛風
椎間板(ついかんばん)ヘルニア
捻挫(ねんざ)
変形性膝(ひざ)関節症
慢性関節リウマチ
 アロエベラで、丈夫なからだ
アロエベラで、免疫力の向上
アロエベラで、血行促進
アロエベラで、新陳代謝促進
 アロエベラで、老化予防
アロエベラで、老化に伴う免疫力低下の予防
アロエベラで、肝機能の老化予防
アロエベラで、循環器系の老化予防
アロエベラで、消化器系の老化予防
アロエベラで、肌の老化予防
アロエベラで、髪の老化予防
アロエベラで、骨の老化予防
アロエベラで、関節の老化予防
アロエベラで、脳の老化予防
アロエベラで、老化に伴う肥満予防
アロエベラで、老化に伴うホルモン減少予防
 アロエベラで、健康素肌
アロエベラで、シミ、ソバカス予防
アロエベラで、肌荒れ予防
アロエベラで、シワ予防
アロエベラで、日焼け予防
アロエベラで、頭皮のフケ、かゆみ予防
アロエベラで、抜け毛予防
アロエベラで、ニキビ予防
アロエベラで、手荒れ予防
アロエベラで、唇ヘルペス予防
 サイトマップ
 プロフィール
 プライバシーポリシー

管理人お気に入りサイト
グーグル
ヤフー
高血圧の悩み 解決!
大腸がんの症状と基礎知識
便秘/便秘解消/便秘予防
アロエ栽培日記
痔の悩み、解決!



肩こり 糖尿病
高血圧 動脈硬化症
心臓病 冷え症
頭痛 貧血
低血圧症 メタボリックシンドローム
                                 (あいうえお順)



 アロエベラの使い方・・・


アロエベラは、昔から心臓機能を高めることが、よく知られています。

生活習慣病の予防には、何とも、頼もしい限りです。



アロエベラには、血行促進作用、血管をやわらくする作用などがあり、こうした働きが病気の悩みを解消させるものと、考えられます。



アロエベラで病気の悩みを解消させるには・・・?

循環器系の病気にも、新鮮なアロエベラを毎日食べることです。



アロエベラは、野菜と一緒にスーパーなどで売られています。

アロエベラは、食品扱いです。



安全、安心して、使えます。

薬のような副作用、薬害の心配も、いっさいありません。



なお、病気の悩みに記載されている病名は、民間療法として、これまでのアロエベラの体験や、信頼性の高い情報にもとづくものです。



記載された病気のほかにも、アロエベラの効果、効能が十分に発揮される病気があると、考えられます。

アロエベラに秘められたパワーを理解し、病気の悩みの解消にお役立てください。



アロエベラを使う場合、次の点に注意し、適切な対応を心がけてください。


はじめて、アロエベラを食べる場合の、1回あたりの量は、葉幅が5cmくらいなら2~3cmの長さで切り取って、ゼリー状のムコ多糖体を食べます。
アロエベラを子どもさんに使う場合には、大人の量の半分以下に減らし、症状を確かめながら、適量を調整します。
アロエベラの外皮には、アロインという成分が含まれ、苦味があり、緩下作用があります。

緩下作用とは、腸に刺激を与え、穏やかに排便を促す作用です。

便秘の解消が目的なら、適量を食べてさしつかえありませんが、それ以外は食べないで、そのまま捨てます。
アロエベラには、胃酸の分泌を抑える働きがあります。

このため、アロエベラを食べるタイミングは、食間、就寝前など、お腹の空いている時間帯です。

アロエベラを1日あたり食べる回数は、1、2回でも十分ですが、症状を確かめながら、自分で判断しましょう。
アロエベラを使用した結果には、症状や体質などで個人差がでます。

自分の判断、責任で、効果を確かめ、適量を確認しながら、利用を続けてください。
アロエベラは、昔から民間療法として、さまざまな効能が知られ、利用されてきましたが、なんでもアロエベラに頼るのはやめましょう。

症状や効果によっては、きちんと医療機関を受診し、専門医の治療を受ける必要があります。




                                 ▲ このページトップへ

当サイトは、個人的な体験、信頼できる情報を元に作成しています。最終的な判断は、ご自分の責任でお願いします。
また、当サイトを閲覧したことによる損害、損失の責任は一切負うことはできませんので、ご了承願います。
Copyright(C)驚き!アロエベラで悩み解消All rights reserved