驚き!アロエベラで、悩み解消

    実用サイト・トップ > アロエベラで、健康素肌
アロエベラで、健康素肌
 一般サイト・トップ
 実用サイト・トップ
 からだの悩み・・・皮膚系
アトピー性皮膚炎
いぼ・タコ・魚の目
円形脱毛症
おでき
蚊(か)刺され
かみそり負け
切り傷・すり傷
唇(くちびる)ヘルペス
しもやけ・あかぎれ・ひび
蕁麻疹(じんましん)
床ずれ
ニキビ
抜け毛・脱毛(頭皮)
肌荒れ(顔)
フケ・かゆみ(頭皮)
水虫
やけど
 からだの悩み・・消化器・泌尿器系
胃かいよう
胃酸過多症
肝臓病
急性胃炎
口内炎(こうないえん)
歯痛(しつう)
十二指腸潰瘍(かいよう)
神経性胃炎
痔(ぢ)
膣炎(ちつえん)
尿道炎(にょうどうえん)
乗り物酔い
二日酔い
便秘(べんぴ)
膀胱炎(ぼうこうえん)
慢性胃炎
 からだの悩み・・・呼吸器系
アレルギー性鼻炎
風邪(かぜ)
気管支ぜんそく
急性鼻炎
肺結核
慢性気管支炎
 からだの悩み・・・循環器系
肩こり
高血圧
心臓病
頭痛
低血圧症
糖尿病
動脈硬化症
冷え症
貧血
メタボリックシンドローム
 からだの悩み・・・神経・関節系
打ち身(打撲)
筋肉痛
こむら返り
四十肩・五十肩
神経痛
痛風
椎間板(ついかんばん)ヘルニア
捻挫(ねんざ)
変形性膝(ひざ)関節症
慢性関節リウマチ
 アロエベラで、丈夫なからだ
アロエベラで、免疫力の向上
アロエベラで、血行促進
アロエベラで、新陳代謝促進
 アロエベラで、老化予防
アロエベラで、老化に伴う免疫力低下の予防
アロエベラで、肝機能の老化予防
アロエベラで、循環器系の老化予防
アロエベラで、消化器系の老化予防
アロエベラで、肌の老化予防
アロエベラで、髪の老化予防
アロエベラで、骨の老化予防
アロエベラで、関節の老化予防
アロエベラで、脳の老化予防
アロエベラで、老化に伴う肥満予防
アロエベラで、老化に伴うホルモン減少予防
 アロエベラで、健康素肌
アロエベラで、シミ、ソバカス予防
アロエベラで、肌荒れ予防
アロエベラで、シワ予防
アロエベラで、日焼け予防
アロエベラで、頭皮のフケ、かゆみ予防
アロエベラで、抜け毛予防
アロエベラで、ニキビ予防
アロエベラで、手荒れ予防
アロエベラで、唇ヘルペス予防
 サイトマップ
 プロフィール
 プライバシーポリシー

管理人お気に入りサイト
グーグル
ヤフー
高血圧の悩み 解決!
大腸がんの症状と基礎知識
便秘/便秘解消/便秘予防
アロエ栽培日記
痔の悩み、解決!





アロエベラで、シミ、ソバカス予防
アロエベラで、肌荒れ予防
アロエベラで、シワ予防
アロエベラで、日焼け予防
アロエベラで、頭皮のフケ、かゆみ予防
アロエベラで、抜け毛予防
アロエベラで、ニキビ予防
アロエベラで、手荒れ予防
アロエベラで、唇ヘルペス予防





 気をつけたい、肌の化粧品トラブル・・・


女性にとって、美容と言えば、化粧品です。



毎日の肌の手入れには、化粧水や乳液、クリーム、パックなど、いろいろな化粧品が必需品です。



化粧品は、テレビ、新聞、インターネットなど多くのメディアで、派手なコマーシャルが大々的に展開されています。


アロエベラで、健康素肌

そして、多くの化粧品が、自然化粧品をうたい文句に、広告宣伝されています。



私たちは、この“自然”という言葉にだまされないようにしなければなりません。

なぜなら、自然化粧品だから、お肌にやさしいですよ、とすすめられても、その大部分は、天然と人工の混合物です。




自然化粧品にも、量的に多い、少ないがあっても、界面活性剤とか防腐剤といった化学物質が必ず含まれています。







 肌は、とても敏感・・・


私たちの肌は、とても敏感です。

国民生活センターには、肌の化粧品トラブルで、毎年、多くの問合わせや相談が寄せられるそうです。




皮膚科の治療においても、化粧品による皮膚トラブルの診察は、けっして少なくないそうです。

その代表的なものが、化粧品による接触性皮膚炎(かぶれ)です。




接触性皮膚炎(かぶれ)は、アレルギー反応や、刺激物質に触れ、皮膚の防御機構(ぼうぎょきこう)がやぶれ、炎症を起こすものです。

アロエベラは、自然の化粧品といわれ、素肌の健康にとても効果的な働きをします。




しかし、アロエベラでも、アレルギー反応や肌への刺激により、まれに炎症を起こす場合があります。

女性、男性に限らず、肌はとても敏感な部位なので、肌のケアーには細心の注意が必要です。




また、肌は、内臓器官や心とも密接に関係しています。

肌の健康、美容には、内臓機能と皮膚の両面から対応していくことが、とても大切です。




この点で、アロエベラには、からだの内部からも、肌を健康で美しくするパワーが秘められています。




アロエベラが持つ、肌へのすばらしい健康、美容効果を知り、生活の中に賢く取り入れてください。

アロエベラなら、きっとあなたを素敵な健康素肌にしてくれます。





                          ▲ このページトップへ


■ 初めてのアロエベラ利用には・・・


アロエベラが体質的に肌に合わず、皮膚障害を起こす例は、ほとんどありません。

でも、初めてアロエベラを利用する人は、念のためにパッチテストをしてください。




パッチテストは、就寝前に2~3cm角くらいにカットしたアロエベラのゼリー部分を肌にあて、ガーゼでおおい、バンソウコウで止めます。

翌朝、その部分がかゆくなく、また赤くなっていなければ、問題ありません。




アロエベラが体質的に合う証(あかし)です。

パッチテストは、1回やれば十分です。




また、アロエベラを食べる場合には、必ず少ない量から食べはじめてください。

徐々に、量や回数を増やし、自分で適度な量、回数を見つけましょう。

なぜなら、からだの状態や、体質によって、効果に個人差がでるからです。





                          ▲ このページトップへ 


■ アロエベラの皮膚障害・・・


パッチテストで、問題なく、アロエベラの利用をはじめても・・・

過度に使用すると、突然、その部位が炎症、かぶれることがあります。




なぜなら、肌はとても敏感なので、皮膚の防御機構が破れることがあるからです。

炎症やかぶれは、全身に表れるのではなく、肌に使用した部位に限られます。




その場合、原因が特定できるので、アロエベラの使用をすぐに中止してください。

中止をすれば、かぶれなどの症状は、自然治癒力により治癒します。



アロエベラを肌に使用するときには、適度な量や回数を心がけましょう。

特に、女性の場合、お顔に使用するときは、過度に使用しないように気をつけてください。




アロエベラをお顔に塗ると、新陳代謝促進作用が働き、古い皮膚組織がいっきに新しい肌に生まれ変わろうとします。

この時に、肌にヒリヒリとした痛みを感じたり、急に古い皮膚組織がボロボロと剥がれ落ちます。




アロエベラをお顔に使用する頻度は、1週間に1回、そしてアロエベラをお顔に使用するときは、手のひらにのせたゼリー状の成分に、数滴の水を加え、薄めて使用するだけでも、肌を健康に、美しくする効果が発揮されます。

素肌、特にお顔へのアロエベラ利用には、ご自分でその効果を確認しながら、適量、適当な回数を心がけてください。


                                 ▲ このページトップへ

当サイトは、個人的な体験、信頼できる情報を元に作成しています。最終的な判断は、ご自分の責任でお願いします。
また、当サイトを閲覧したことによる損害、損失の責任は一切負うことはできませんので、ご了承願います。
Copyright(C)驚き!アロエベラで悩み解消All rights reserved